FC2ブログ



どもども秀策ですよー



いやはや、何をトチ狂ったのか知りませんが、先生が全国製図コンクール出場権利を私に与えてくれましたよ  意味がわかりません

これ、結構スゴイじゃないかとか思っちゃいけません  出場できるのはうちの学校では2年だけですが、その中から20人ぐらい選ばれてますから  その中の一人になったにすぎません
ちなみに製図コンクールに出場させてもらえるのは機械科だけなので、1組と2組合わせて80人  つまり、1/4の確立です  あんまりすごくないでしょう?


ま、どうせ出場したところで勝てるわけないしね^q^




そんなことより、今日、危険物取扱の資格試験受けるために、消防署に願書を取りに行ったわけですよ
ホントは学校にあったんですけどね、これもまた面倒だからという理由で、工業化学科棟の職員室に取りに行くのを後回しにしてたわけですよ

願書全部なくなったってよwww  チクセウもっとたくさんもらっとけwwwww

と言うわけで、わざわざ消防署まで取りに行く羽目に
後回しにしたせいで、余計面倒になってしまったことに後悔し、帰り道にあるから別にいいかと考え、帰るのが遅くなることに気づき、再度げんなりして願書を取りに行ったわけです
友達の話によると、わざわざ消防署の中に入らなくても、入り口横にある受け付けでもらえるんだとか
これは助かったとばかりに受け付けまで行った私

私   「あのー、スミマセン」
職員A「ハイ、どうしました?」
私   「危険物の資格試験の願書をもらいに来たんですが」
職員A「あぁハイ  じゃあ2階の事務所まで行って、もらってきてください」



!!?



何故っ!?  受け付けでもらえるんじゃないの!?

中にはあまり入りたくなかったけど、入らなきゃ願書がもらえないというのなら入るしかあるまい
質素な作りの階段を上がり、なんだよこの構造、どこが2階なんだよ  と思いつつなんとか事務所を発見した私
中ではなにやら話し込んでる様子  こんなタイミングで入れるわけねぇ

と言うわけで2分ほどボーッと突っ立ってたら、扉が開きました
これは助かった、中に入りやすくなった  扉が閉まってからドアをノックし、事務所の扉を開ける


私   「失礼します  ***高校の秀策です  危険物の資格試験の願書をもらいに来ました」
職員B「危険物の願書ね、ちょっと待っててくれるかな」


普通に行けた  これで願書を受け取ったらダッシュでここから出てやる
と、一人で意気込んでいると、なんか上司的な人が願書を探してくれている人と話し始めました
内容とかは聞こえませんでしたが、そんなに長くはならなさそうな雰囲気  予想通りすぐ話を終え、上司的な人が事務所から出ようとします
で、出入りの邪魔にならないように扉の横で待機してた私に向かって


上司?「君はどうしたのかな?」
私   「あ、危険物の願書を受け取りに――」
上司?「あぁ、君が危険物か」




誰が危険物か!



危険物の願書を受け取りに来たのはわかってたみたいだけど、私が受け取りに来たとは思いもしなかったのか、はたまた頭の中から飛んでいたのか、この際どっちでも構わない

それより人を危険物扱いしないでください!?

そりゃ自分でも自覚はしてるっちゃしてるけど、いくらなんでも危険物扱いはなくね?  危険人物ならまだしも、危険物だよ危険物  もう既に人扱いじゃなくて物扱いだよ
ちなみに私以外の来客者はいない様子  だったら私以外に願書を受け取りに来る人いないじゃん

そのあとすぐに願書を受け取り、ホントに全力で物音をたてないように走って消防署から脱出
外で待っててくれていた友達がやたら驚いております


友達 「どうしたん?」
私   「かくかくしかじか……」
友達 「まぁ確かに秀策は危険物やけど……」



何故同意したし (゜д゜;)


こんな感じでした  みなさんも消防署へ願書を取りに行く時は注意してください




追記以降はTS~  多分何かしらあるはず







スポンサーサイト



 2009_09_09

08  « 2009_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P