FC2ブログ



どもども秀策ですよ~




おっ!  鍵付きコメが1つある!!  誰か問題に答えてくれたのかな? wktkwktk  とか思ってたら、回答とかそっちのけでゲームブログランキングのお誘いが来てただけだったのでかなり幻滅した件
そのあとよくよく見たら、前の記事に鍵付きコメがあったじゃないですか  何というフェイント

まぁなんというか、ランキングのお誘いが来て嫌なわけじゃないんですよ
でもですね、私のところに来るより、もっと別の人を誘った方がいいんではないかと思いますね  冠ちゃんとかのところにお誘いが行く方が妥当だと思うわけなんですよ


まぁそんなことはどーでもいいといましょう  いよいよ問題の答えに移りたいと思います




問題1.
1辺3メートルの立方体があります  それぞれの面をA~Fとし、面Aの正面に立って立方体を見ています  その場から右に3メートル移動しましたが、立方体の面は面Aしか見えませんでした  さて何ででしょう?




問題4.
1辺1メートルの折りたたみ机を友人が持っておりました  その友人曰く、200kg乗せても壊れない、だそうです  興味が出た自分は、友人のものと同じ折りたたみ机を買い、200kgの物を上に乗せました  すると、机はつぶれて壊れてしまいました  さて何ででしょう?





この2問ですね  2・3は前回答え合わせしちゃったので省きます


問題1.については正解者はいませんでした  が、問題4.は正解者がなんと1人います!
(個人的には問題4.の方が難しいと思ってるとかは内緒)


と言うわけで問題4.から答えを言いたいと思いますです


問題4.の答えは、中心寄りに200kgの物を置いたから壊れてしまった でした

よく考えてみてください  ほとんどの机というのは角の4カ所に足が付いていて、折りたたみ机はその脚を中心に向かって折りたためるようになっているのです

そこに200kgの物を乗せると、机に荷重がかかります  荷重にはいくつか種類があって、大まかに分けると集中荷重と等分布荷重の2種類に分けられるんですね
友人は200kgの物を机全体に、まんべんなく荷重がかかるように置きました  いわゆる等分布荷重と言うやつです  この場合、机の全体に荷重がかかるため、4つの足はしっかりと物を支えることでき、机は見事壊れませんでした
友人はそれを自分に伝えます  しかし、友人は『200kg乗せても壊れない』という断片的な伝え方しかしていません  自分はとりあえず200kg乗せても壊れないものだと思いこみ、中心に200kgの物を置いてしまい、机が壊れてしまったのです
この場合、集中荷重が支えのない部分にかかってしまうため、机は物を支えることができなくなってしまいます 集中荷重は等分布荷重より1m㎡にかかる荷重が大きく、更に支えのない部分に力を加えるとなると、壊れるのも当然です


正解者は、『これは板のみが壊れるパターンだよね』と言っておりますが、そうでもないんです  折りたたみ机は、コンパクトに出来る利点がありますが、足の耐久性は低くなってしまうのです  ですんで、板が壊れる前に足が折れます  下手すれば、同時に板も割れます  これは経験があるので間違いありません
足が折れればつぶれるという表現も間違ってはいないので、これが正解となります


ただ一つ、懸念するところがあるとすれば、足が中心に1本だけの折りたたみ机があるかもしれないってことなんですよね  もしそっちを想像していたのであれば、申し訳ありません、私のミスでした




次に正解者の居なかった問題1.

これの正解は端的にしづらいので、説明しながら答えを絞って行きたいと思います


まずは、中心の定義から  まぁ定義は必要ないと思いますけど、やっぱり混乱してしまわないように、冠ちゃんのところから定義を抜粋


面Aの正面とは「面Aの中心線との垂直線上」とします。
面Aの端から1.5メートルのところに面Aの中心線が
あるのですが、そこと垂直に交わる延長上に
立っていることが「面Aの正面」ということにします。



一応定義はこれ↑
さて、考えて行きましょうか  っと、その前に………

この問題は一番捻くれてますので、あらかじめご了承ください


まず、見える・見えないという話からしていきましょうか

観測者は当然の如く人間です  『面Aの正面に立って』や、『見ている』等の表現から察してほしいです
で、人の目というのはそこに存在していれば見える、というわけではありません  遮るものがあれば奥にあるものは高確率で見えませんし、粒子や原子、ミクロンの単位になると当然見ることは出来ません
これを踏まえたうえで次に行きたいと思います

さて、立方体の面Aの正面に立っていて、その場から右に3メートル移動します  面Aの右側に見える面を面Fだとして、この場合、普通に考えれば隣の面Fは見えて当然です
それを見えなくしてやるのに、別のものが遮ったなどは当然却下です  問題になりませんからね
そして、別の方向を向いているからとかも却下  それじゃあ『面Aが見えなくなった』ではなく、『面Aが見える向きでは無くなった』だけですから、向きさえ変えれば見えてしまうためです
ならば、どうすれば見えなくしてやることが出来るのでしょうか?
簡単なことです  物で遮ることが出来ないのであれば、観測できなくしてやればいいのです


立方体の角の対角線から一直線上に居るのであれば、面Aと面Fは同じ大きさに見えるはずです  丁度45度の位置にあたりますからね  面Aの中心から3メートル移動して、立方体を45度の位置から見るのであれば、立方体から1.5メートル離れた位置に立っていればいいわけですね

さて、横への移動距離は決まっていますが、前後へ移動するのに制限など存在しません  というわけで、1メートル後ろに下がってみましょう
すると、同じ大きさに見えていたはずの面Aと面Fが、面Aは広く、面Fは狭く見えるのです  それもそのはず、見える角度が変わっているのですから

要は、立方体が観測できる状態で面Fが見えなくなる位置まで後方に進んでやればいいのです

人が観測できなくなれば、それは確かにそこに存在しているとしても、人にとって『ない』のと同じことになります  よって、面Fは確かにあるのですが、『見えない』が為に、存在しないことにされてしまい、面Aしか『見えなく』なってしまうのです


距離を求めるのはダルいので省略しますが、これで面Fが見えなくなるのは確かです  別に1辺3メートルの立方体じゃなくて、箱状のものであれば問題ないです  車とか、家とかで試してみるといいかもしれませんね


さて、ここでお前問題文と違うじゃねえかと思った点があるやもしれません  問題文には右に3メートル移動した、としか表記されていないのだから、後方に移動するのは反則じゃないか、という点です

確かに後方に移動するのは反則ですが、【元から右に3メートル移動しても、面Fが目で観測できない位置にいた】とすれば問題ないわけです  よって正解は【右に3メートル移動しても、面A以外が目で見えないほど遠くにいた】というのが正解になるわけですね

しかし、遠ければどこでもいいというわけでもなく、立方体が見える位置でいて、そして面Aだけしか見えない位置という範囲指定が必要なわけですね



この問題を解くには、先ほどから何度も使っている『角度』というものを理解していなければなりませんでした
基準となる点に限りなく近い状態であれば、たった数ミリ移動しただけで1度移動したことになりますが、基準となる点から限りなく遠い位置にいれば、1度移動するのに100メートル以上移動しなければいけなかったりするのです

面Fが見えなくなる距離と角度は、三角関数を使わないといけませんし、人がどれだけの細かさまで見ることが出来るのかも把握しなければいけないため、求めるのは省略しました

立方体の大きさを1辺3メートルにした理由は、人が観測する以上、上の面が見えてしまえば『面Aしか見えない』状態に出来なかったからです  1辺10センチじゃあどうあっても別の面まで見えてしまいますからね



この問題で一番正解に近かったのは冠ちゃんでした  左側にある物体を見ている状態で、右に3メートル移動したという考え方は、非常に正解に辿りつきやすいヒントであったのです
説明を全部見ていればおおよそ察することが出来るかと思います  この問題、立方体と観測者の距離は指定されていないのです  冠ちゃんの回答であれば、立方体から少なくとも3メートルは離れていないといけなく、ちょっと向きを変えてしまえば、答えに限りなく近づけていたわけです


ちなみに、面Aの正面の定義がなくてもあまり問題はありませんでした
なぜなら、人の目は2つついており、それが顔の中心についているわけではないからです
面Aの左端に立つのだとしても、自分の体の中心が面Aの左端より左側に出てしまえば、その時点で面Aの正面に立っているとは言えなくなります
そして、面Aの左端の延長線上に自分の中心があったとしても、そこから3メートル、つまり面Aの右端に来たことになり、少なくとも身体の右半分は右端から出てしまっているので、右目で面Fが見えてしまうのです  よって、正解にはならないわけですね






いやはや、ここまで屁理屈を並べたような問題、問題として成り立っているのかどうかすら怪しいです  しかし、出してしまった今ではもう遅い  間違っていたのであれば、次は間違えていないような問題でも作ればいいのです  これ一度だけしか問題を出す機会がないわけではないのですから



非常に長くなったけど、ちょっとしかないからここからTS


秀策がまだ口の悪い自称成人のロリっ子から占いをやってもらえないようだったので、クエを終わらせるために石鹸を集めて持って行きました
なんかゴミ箱に放り込まれた揚句、そのまま海に落とされ漂流したとか言っているジュバさんに話しかけてクエを受けるところなのですが………






466.jpg







クサイクサーイってどこの餓鬼なのさwwwwwwww
そんで、石鹸を集めてきますか?って、集めてきてやるんじゃないのかよ、集めてくるのか聞くのかよwwwwww




今日はこれだけ   問題の答えを書いてたら非常に時間がかかったため小説の方は進行しておらず


んでは~

ノシシ☆ミ
スポンサーサイト



 2009_10_13

09  « 2009_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P