FC2ブログ



どもども秀策ですよ~



いやですね、もうネタなんかあるわけないでしょう?  スッカラカンですよ、ハイ
というわけで、ないなら作らねばならないと言うわけで


バナー02


もれなくもう一つのバナー作ったぜ!  フハハハハッ!

暇だったから作ったんですよ  することないじゃん、最近  私はもれなくテスト期間中で、昼間からTSにinしても誰もいないだろうから、やらなかったわけです  で、暇だからこのバナー作ったわけですね
前回のは200×40で、こっちは120×60  お好きな方をお使いください  使う気になれば


明日は花梨とこのバナーでも作るかね




さて、久々のつぶやき



性格や習慣、癖というのは簡単には直せないって言いますよね?  アレは何で直せないんでしょうか、それについて考えてみました


まず第一に考えたのは、誰でも考え付くであろう『直す気がないから』でした
だってそうですよね、直す必要があると思わなければ直そうと思うわけがありませんし、直さなければいけないと思っていても、思っただけで結果的には直さない、などなど  要するに意思が弱いんですね

次に考えたのは、『直すと言うことに思い至らないから』
直そうと思いすらしないってことですね  直す必要があるなし以前の問題で、気づいてすらいない状態ってことです

最後に考えたのが『直すべきではないものだから』でした
これは人の意思が関わってくるものではなく、そういうモノなんだと言う認識です
よく考えてみてください  癖や性格っていうものは、それ自体がその人個人を形成するものであって、それが直せるものであれば、その人だと言える物がなくなってしまうわけなんですよ  だってそうでしょう?  私にサボり癖があるのだって、自分にとって面白い物を最優先してしまうのだって、私を表現するモノになるんですから

じゃあその私の性格及び癖を直したと仮定してみましょう
サボり癖がなく、今その瞬間にすべきことをしっかりとするような私が、今ここに空想として存在しております  そして、今この文を打っているのは、性格等を直す前の私です


さぁ、この二人の私を比べてみて、どっちが本物の私と言えますか?


多分、咄嗟に聞かれると『どちらも本物』と答えるでしょう  多分熟考したとしてもその答えが返ってくると思います  理由は『性格が変わっても、私が私自信であることに変わりはない』からでしょうね
他の理由があったとしても、『どちらも本物』と答える確率が一番高いと思います  だって、それが一番間違いが少なそうであり、事実間違いというわけでもなく、逃げ道でもあるのですから

まったくもってその通りです  どちらも本物なんです  そしてそれは、限りなく間違いでもあるのです
今この文を打っている性格等を『直す前の私』は、確かに私自身であり、私を表現するものと言えばその性格で表すことが出来ます
そして、性格等を『直した後の私』も、確かに私自身で、私を表現するものはその『直した後の性格』となるのです
つまり、直してしまえばそれは自分を表現するものとなるのですから、私ではないことは決してないのです

しかし、今この『直す前の私』から『直した後の私』を見た場合、それは『自分』ではないのです
なぜなら、『自分を表現するモノが変わってしまっている』のですから、それが私だとは言えないのです  自分とそっくりな相手がいて、そいつが自分の名前を語り、自分との違いを見いだせなければ、最終的に『同じ人』だとして認識してしまうでしょうけど、その人が私の絶対にしないことをすれば、自分にとってその人は『同じ人』ではなくなるのです
つまり、性格を変えた後の自分は、今の自分にとって『自分』ではないのです

要するにそういうことです  性格等が直せるものであれば、それを直すことによって自分ではなくなることを意味します  変わってしまえばそんな事を言っている私が馬鹿みたいに思えるのですが、変わる前の私からすれば重大なことですよ
そしてその性格を変えてしまえば、今までの自分は自分では無くなるわけです  それは過去の自分を否定することになってしまうのではないでしょうか?
その他もろもろ含めて『直すべきではない』モノなのではないでしょうか?  故に、直せるモノだとしても、簡単には直せないモノなのではないでしょうか?


事実かどうかはわかりません  実際は直す気がないからとかそんなモノなのかもしれません  ですけど、可能性としては置いておけないですよね?  そんなこと言ってたらいくらでもその可能性があるものが出てきてしまいますがね





さて、TS行きましょー


イタリアっぽい名前の人のキャンプで、新作ゲームのモルモットなった秀策  そのゲームはコードブレイカーと言うそうですな  直訳すると番号を壊す人って意味ですよね  何でしょう、想像もつきません





482.jpg













483.jpg












485.jpg
484.jpg







と、簡単な説明でした  実際にやってみると一番分かりやすいんですけど、私なりに説明してみると

①. 0~9の違った数字を使って3桁の数字を作る
②. 挑戦者はコレを当てる
③. ヒントは1回答えるたびにもらえる

こんな感じです  ちなみに4回までに正解を当てると賞金をくれるんだとか


これがやってみると意外に難しいんですよ  一番初めはヒントも何も無しに答えなければいけないわけであって、当てるには相当低い確率でしか当たりません
つまり、一番初めはヒントを得る為にやるものであり、それは2・3回目も同様です  そして、4回目で確実に正解を狙いに行かなければいけません
別に4回を過ぎても問題はないんですが、やっぱりやるなら4回目までに当てたくなるでしょう  賞金どうこうというより、意地ですね


ゲームマスターは直感で数字を選びます  別にこれといった制限はなく、まったくのランダムなのです  よって、4回目に正解を出すのは、一番初めの運で決まります
ここで、無理矢理相手の選んだ数字を当てようと模索してみましょうか
モニタ越しでは相手の表情を読むこともできませんので、一番可能性があるものとすれば、自分と相手を重ねて考えることですね

例えば、3桁の数字を作るとして、それは全くのランダムで構わないんだそうです  それを自分で選ぶならどうしますか?  という話です
私の場合なら連続した数字にはしません  123とか567とかはないってことですね  そして、端の数字より真ん中の数字を選びます  そして、一桁目を選んだら、次の数字はそれからなるべく離れた数字を選びます

そして、それで求めた数字が正解であるかどうかは完全に運です  自分の予想が外れていたら考えていることがパーになりますね

で、初っ端の運が良ければ、順繰りに正解が解けて行きます  初めの運が悪ければあと他も相当な運が必要でしょうね  いやはや、難しいモノでした



興味が出たらイタリアっぽい名前の人のバーに突入してみるといいです  多分そのうちゲームさせてもらえます  だけど、やるかどうかは店長の気分でしょうし、絶対出来るとは限りません


最後にその店の良いなと思ったところをうpして終わり







486.jpg









主にダーツ  すごくバーって雰囲気が出てる気がします  私だけかも知れんが


んでは~

ノシシ☆ミ
スポンサーサイト



 2009_10_20

09  « 2009_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P