FC2ブログ



どもども秀策ですよ~



いや~、今日も部活でしたね~  楽しいです、すっごく  これだけに関してはリア充であると言えなくもないです  他は全部ダルいけど
最近浮上してきたのが、このままじゃ私が部長と副部長の2つをやらなければならなくなるという問題があるのですが、まぁそんなことはこの際どうでもいいでしょう  なるようになるはずです


さて、ついこの間あった文化祭  やるからには全力です

というわけで全力を出して部活の仕事に励んだわけですが、見事に自由時間0となりました  当然ですよね、でもこれはいろんな意味で酷い  生憎と部員の中で彼氏彼女がいるのは2名だけで、それが部長と後輩の1人なんですね  しかもその二人が付きあってるとか



爆発しろ(^ω^ )



と言わざるを得ないですよ、これは  もうリア充なんか爆発すればいいんですよ、マジで
そんな相手のいない私にとっては、自由時間なんぞあってもなくても変わらぬことよ  一人身はおとなしくしておくで御座いますですよ

まぁそんなこんなでずっと部活の仕事ばっかりしていましたが、これがずっと真面目にしなくてもいいというのが一番の利点でしたね  客の前では真面目にしなきゃいけませんが、裏にいるときはずっとふざけてても一向に構わないわけです  先生からすりゃ、やることやってくれりゃそれでいいわけですね

というわけで、御稽古中はなかなか話しかけることすらままならない後輩と普通に喋ることが出来ました  結構仲良くなれたと思います  これ以後も隔たりなく話すことができれば、部としての未来もそう暗いものにはならないと思いこみます




さて、前回の問題の解答でもしますかね

いや~  1日の間に3人の方が答えてくださいましたが、なんともまぁ楽しいものです  予想してた通りの答えが2つ、私が問題を出した時点で、ちょっとイジワルをしたのに気付いた人が悩んでいて、それでも答えてくれたのが1つでした

………と、思っていたら、実は冠ちゃんもそのことに気づいてくれてたようですね  今日気付いたので、一応編集・w・

これ以後の記事を変えるのはぶっちゃけメンドイ  だから、回答してくれたのは3人のような書き方してるけど、冠ちゃんも答えてくれてるのでそこんとこはよろしく


問題としては100点を取っていて、かなりわかりやすかった回答をしてくれた人のを採用して、説明の手間を省くとしましょう
これがギンちゃんの答え




結論から言うと、自分の帽子の色は白であり3人全員が白の帽子を被っています。
なぜなら、誰も手を挙げなかったから。
この問題は「赤の帽子を被っている人がいない事」を証明すればいいはずです。

自分から見た相手の帽子の色は
①両方赤
②片方赤
③両方白
の三通りに分けられます。
①の場合、これは自分が手を挙げればいいだけの話です。
②の場合、相手が自分の帽子を見て手を挙げたら自分の色は赤
逆に手を挙げなかったら白だとわかります。
③の場合、相手二人が手を挙げれば自分は赤だとわかります。
なぜなら、相手二人が手を挙げたということは、二人の相手の視点では②が見えているということだからです。
ただ、相手の二人が手を挙げない限り、自分はどの色なのかわかりません。

「誰も手を挙げない」ということは、三人とも③を見ている可能性があります。
よって、前述したとおり「三人全員が白の帽子を被っている事」が成り立つはずなのです。
もし仮に自分含め誰かが手を挙げていた場合、自分の帽子の色は赤でも白でも成り立つので、とたんに確定できなくなります。


補足すると、この勝負は相手が手を挙げない理由に気づいた人が勝ちます。
もう少し続ければ誰かが手を挙げるかも知れませんね・・・


正解率30%以上の自信があります(キリッ





うん、正解率100%です  問題としては

これは誰も手を挙げなかったことから、赤を被ってる人がいない、という結論に達することが出来れば正解になるわけです  
誰かが赤を被っていれば、そこから簡単に推理することが出来るのです  そして、10分も経っても誰も手を上げないということは、相手の帽子の色からは推理することが出来なかったわけです
つまり、別の人の視点も考えなければいけなかったわけですね



ですが、ここで一つ疑問が浮かび上がりませんか?


何で、3人は相手の視点から考えることが出来なかったのでしょうか?  それさえ考えることが出来ていれば、正解なんて目の前にあるというのに
みなさんもすぐ(?)に気づいたように、こんなの簡単な問題なんです  しかし、何故この3人はすぐに気付かなかったんでしょう?



この疑問について考えたため、問題としての正解に自信が持てなかった人が1名だけいるのです
前回の問題でお馴染みの猫。さんでした


私は『ホントに、10分考えれば解けると思いますので、是非考えてみてください』と言いました


何故、10分も考えれば解けるような問題だと、出題者が言っているのに、問題で出てくる3人は手を挙げることが出来なかったのでしょうね?
というわけで、猫。の回答↓



 3人がかぶっているであろう帽子の色の組み合わせは、①赤赤赤、②赤赤白、③赤白白、④白白白の4パターンと思われます。
 条件「相手の2人の帽子の色が赤だった場合手を挙げろ」とありますので、赤帽が2つ見える①と②の組み合わせはあり得ないようです。
勝ちたければすぐに手を挙げるはずですもんね。
 そして、もうひとつの条件「自分の帽子の色が分かった奴は手を挙げろ」から、③の組み合わせもあり得ないようです。
なぜなら、③の組み合わせのとき、白をかぶっている二人は相手の帽子の色が「赤」「白」と見え、その二人はお互いにすぐに手が上がらないことから、自分の帽子が赤でないこと(=白)が予想できるからであります。
 では、④はどうでしょうか。
 見え方は皆同じ「白」「白」です。
 お互いの帽子の色から自分の色がどちらなのか想像もつかないかもしれません。
 しかし、想像がつかないが故に、全員が白であると予想がつきそうなんですよね…(手を長時間あげ渋るのはこの組み合わせしかないですもの)。

 こんな感じで考えると、10分もたてば誰か手を上げてしまう、でも、状況はそうではない。
そういう意味で「分かりません」…。
強いて言えば、帽子をかぶっているのは事実ですから、可能性としては「白」をかぶっているのか? 自分。

うぅぅぅ…。




可愛いです、特に、最後の一文が  悶絶してもいいッスか  ちなみに、実際は男かもしれませんが、ネーム的に脳内変換すると女の子が浮かび上がってきたので、それを想像しつつ悶絶することにします


猫。さんの言うとおり、10分経てば、ほとんどの人が手を挙げてしまうような問題です  しかし、問題の中の3人はそうじゃなかったのです
これは何ででしょうね?  問題としては自分が白を被っているで合っているのですが、実際に考えてみるとおかしな話じゃありませんか?

3人が、及びアナタを除いた2人が、そこまでの推理力を持っていなかったと考えると合点がいきますが、何故大多数の人たちが答えられるような問題で、偶然この人たちが正解にたどり着くことのできない推理力を持ったような人たちだったのでしょうか?



これには正解がありません  何故なら、問題として提示していないものに対して、正解を導きだそうとすると、無限と言っていいほどの解答が生まれるからです

私は、10分も考えれば解けると言ったのは、注釈程度の意味合いでこう言いました  つまり、問題の中には含まれる要素ではないのです
しかし、こういうものに気が付くことが出来るのは、素晴らしいことだと思うんですね  問題の枠を超えて考えることが出来るのですから




よって、今回の問題の正解者は答えてくれた4人全員が100点満点  そして、問題として提示されていないものですが、それに気が付き、悩んだ猫。sと冠ちゃんは40%増しで140点です
これで、『わからない』という解答ではなく、『10分経っても気づかなかったという前提を入れた場合正解は求められなくなので、それについては問題として考えない』という解答をしていてくれたら、100%増ししましたね  というか、そう答えてくれる人がいたら感動します




今回は問題の外についての考えを加えてみました  イジワルですよね、こんなの  小中学生に出したら捻くれた性格になっちゃいますよ、多分



さて、今日も時間がないのでTSは省きますかね~  今日のは雑記ってことにしましょう


んでは~

ノシシ☆ミ
スポンサーサイト



 2009_11_05

10  « 2009_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P