FC2ブログ



どもども秀策ですよ~



昨日はオープンスクールだとかで学校があったため、明日が代休になったんですが、昼間からinしたって嬉しいことはないですし、地元の友達は皆学校に行ってるので遊ぶことすらできません  かといってどっか本屋とかデパートだとかに出かけると補導されそうになりますし、一体私に何をしていろというのだろうか  TSやってろって?  まぁそれでもいいですけどね……



さてさて、今日のつぶやき


昨日言ってたように、カードパック関連の話です

以前この場で言ったような気がするんですが、こうやって時間かけてTSやって何の意味があるんだろうかって話とちょっと似てる気がします

前回カードパックで手に入る悪魔うさこが欲しいって言いましたよね?  でも、それを手に入れてどうするんだって思ったんです
私が悪魔うさこが欲しい理由は、見た目が可愛いからです  理由としては別に問題ないと思います  だって、TSでの装備は『可愛い』が主流なんですから  ゲーム的にも、内容より見た目重視のゲームです

で、もし私がカードパックを1箱買って悪魔うさこを手に入れたとしましょうよ
場合にもよりますが、大抵はメインで使うキャラの手元に置くと思います  見た目が理由で買ったんだから当然だと思います  手に入れて1ヶ月程度は、嬉しい気持ちでいられるでしょうね  持ってない人に対しても優越感に浸れます


ですが、日が経つごとに『手元にあって当然』という気分になってきます


他の人が持っているから当然、というわけではなく、以前から自分がそれを持っていた、という意味での当然です  つまり、悪魔うさこに対して【慣れ】てしまったわけです
持っていて可愛いとは思うだろうけど、それに対して特別な意味は持たなくなってしまうわけですね  見た目が好きだから集めているランブラーハットのように、見た目は好きだから持っている  という気持ちになってしまうのです

文字にしてしまうと、それが手に入れた当時と何も変わらないと思うでしょう  しかし、【慣れ】というものによって、悪魔うさこは『特別』なものではなくなってしまい、手に入れた当時と日が経った後では全く別物になってしまうのです


似たような例を挙げるとすれば、推理小説を思い浮かべてみるといいでしょう

初めて推理小説を買って読んでみた時、不思議なことや不可解なことといった『謎』が出てきます  それは自分にとって、何故そうなっているのか、どうやって表面的には不可能なことを可能にしているのか  その『謎』はに対して興味や好奇心が生まれると思います
(一部の人は、ですけど……

しかし、その謎に対する好奇心は、一度だけなのです
その推理小説を最後まで読み切り、謎解きを見てしまった時、次からはその謎は『謎』ではなくなっているのです

だってそうですよね、『謎』というのは理解できないからこそ『謎』なのであって、理解してしまった時点で、それは『謎』ではなくなってしまうのです
再度本を読み返してみても、謎は謎ではなくなってしまっているのですから、面白く思えなくなってしまう場合があります  (とはいっても、謎を理解したうえで、登場人物の心境とかそんなのを考えて見てみると、また違った面白みはありますが……


まぁそんな感じです  簡単に言うと、『2度目はない』ってことですね


つまり、今悪魔うさこが欲しいという気持ちであっても、それを買ってしまえば買う以前にあった気持ちはなくなってしまうわけです
漫画によっては『満たされてしまった状態』ってな言い方をするかもしれません  満たされていないからこそ、それに対して強い感情を持つことが出来るのですが、満たされてしまえばそれは必要なくなってしまうのかもしれません


だから、自分がそれを欲していて、1万円という自分にとっての大金を叩いて買ったとしても、数か月経てば1万円を出してまで手に入れたいと思うようなものじゃなくなってしまうかもしれないことが、今の私に買わせるのを躊躇わせている原因なのです


他にも躊躇っている原因を挙げるとすれば、ゲーム内のデータを買う理由についてですかね

データを買う  そういう意味で捉えれば、ゲームソフトを買うのも課金をするのも同じです  しかし、私は娯楽を求めているのです  そう考えると、ゲームソフトを買うのと課金をするのは別物となってくるのです
ゲームソフトは買わなきゃプレイ出来ません  ゲームをプレイせずに見ているだけでは、私にとって娯楽にゃならんので、ゲームソフトを買うのはわかると思います
ですが、課金はどうでしょうか?  課金するとなると、プレイしているゲーム内のアイテムを買うためにお金を使うことになります  しかし、娯楽を欲するという観点からすれば、別に課金なんかせんだって楽しめるので、特に必要はないものとなるのです
課金をしてよりゲームを楽しむっていうのはわかりますが、しなくても楽しむことが出来る課金と、買わなきゃ楽しめないゲームソフトを買うというのは、別物だということが分かってもらえると思います


他にもありますけど、こういった点から課金やカードパックを買うのを躊躇っているのです

もっと言うのであれば、天使うさこが登場しましたよね?  天使うさこ欲しさに私も課金しましたが、結局手に入れることが出来ませんでした  登場する前から欲しいと言っていた天使うさこが手に入らなかった当時は、味噌っちが羨ましかったり、欲しいという気持ちは強かったですが、今ではもうどーでもよくなってしまっているんです
持ってる人を見て、羨ましいなと思う気持ちはあっても、また課金してまで手に入れようという気持ちにはなれないんですね



こういう体験をしてしまった今、大金を払って悪魔うさこを手に入れるのに躊躇いが生まれてしまいました  もうどうすればいいのかよくわかりませんね






まぁいいや、TS行きましょー


昨日も例のバーに侵入しました  が、こっそり入ったつもりなのに速攻バレてしまいました  その日は攻撃型専用だったんですがね

んで、バレてしまったのは仕方がないんですが、昨日はいつもに比べて繁盛していたようです  私に構っている暇がなかったり、キャンプに入れる人数制限的にいろいろ無理があったご様子
だからかは知りませんが、なんかゴスブル入口にセニングさんとやらが開いている店があるので行ってみてはいかが?  と言われました

私としても邪魔するのだけは控えたいので、とりあえずおススメられた店に行ってみることに

ゴスブルのマップのど真ん中にあったそのキャンプは、喫茶店かと思いきやヘアーサロンだった件  ビックリしましたね  いやホントに
そこには入ってみると、物陰に隠れるように待機していた2名のスタッフが  ほどなくして店長も現れました









519.jpg








521.jpg









520.jpg






みんな怖っ!!  その仮面どうにかしてくださいッ!?

私の写っているSSの右側のうさぎさんが店長で、ポプリッポイド&羽付きバケツさんがスタッフA・Bだそうです
店の紹介とかしてもらったんですが、何と言うか、個性的です  これは店の方々にしてもらった方が面白いと思うので省略  また今度行ってみてください


まぁヘアーサロンというのもあって、髪を切ってもらうことになりました  だがしかし、店長及びスタッフの顔が結構恐怖心を掻き立ててくれるので、髪を切ってもらう為に椅子に座るのさえ怖いです  もうなんて言うか、ハサミで首切られるんじゃないかと想像してしまい、何とも失礼なことを考えてしまったのかと、謝りたくなりましたね

んで、髪を切るのに何故か性別を聞かれました  私は躊躇なく


『中性です』


断言しましたb

どうやら性別によって髪形を決めるつもりだったようで  なんか狼ヘアーにしてもらうことになりました
そしてカットが始まると同時に終了しました


『髪を切る前から完璧な狼ヘアーが出来あがってしまった』
『流石店長!』


さっすが店長!!

そのあとエステとかしてもらいました  この辺も、店に行ってからやってもらってくださいb



今日はこれだけ  昼からポケモンしかしてない事実


んでは~

ノシシ☆ミ


スポンサーサイト



 2009_11_08

10  « 2009_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P