FC2ブログ



どもども秀策ですよー






いつまでエイプリルフール気分なんだよ馬鹿野郎一週間経ってんぞ!ってなことを言われたので更新しに来た次第です  嘘です
余計な前置きはなしにして、とっとと真実を告げるとしましょうか


異性に告白されたのは事実です




ただし小学2年生からだがな!!!




というわけです  現実って厳しいですよね


まぁ前々回の記事では皆さんの印象に残るような内容でしたし、前回の記事でも最初にこどもたちの事を少しばかり書きましたし、結構分かりやすかったとは思います  中には『異性』が嘘だとか、『愛の告白じゃないのでは』とか推測を働かせてくれた方がいらっしゃいました  前者はどうかと思いますけど

ちなみに勘違いされるであろう点が一つ  告白してくれたのは前々回の記事で書いた『同級生の妹』ではありません  別の子に告白されました、ってかプロポーズされました
スカイプで『アイツ幼女誑かして給料もらってんだぜ』とか言われましたが、こりゃもう否定できないなと思ってたりします
しかし流石にこどもとはいえ、単純に遊んで仲良くなっただけでは告白されたりしないと思うでしょう  一応こうなった経緯でも書くとしましょうか



バイト初日を終えて休日を挟んで月曜日、バイト2日目のことです

8時20分頃、児童クラブの入口の前に立ったまま入ってこない子がいました  入っておいでと言ってみましたが、首を振って部屋に入ることを拒まれました  不思議に思っているとどうやら30分にならないと入れないらしいです  一部の子はそういうルールなんだとか
30分になってその子が入ってきました  初日には30分まで入ってこない子はいませんでしたし、見た覚えもなかったので恐らく金曜日は休んでいたのでしょう
ほとんどの子とは初日に会っているので、とりあえずその子に話しかけてみます  しかし頷くか首を振るかでしか応答してくれません  要約すると喋ってくれません  そりゃまぁ休日明けて来てみたら見知らぬ野郎が居座っていた、なんて事があれば多少は警戒しますよね  ファーストコンタクトは失敗でした  とりあえずその子は『無口ちゃん』と呼ぶ事にしましょうか

その後すぐに同級生の妹がやってきました  同級生の、といちいち付けるのは面倒なので妹ちゃんとでも呼ぶ事にしましょう  んで、その妹ちゃんが無口ちゃんと遊び始めました  割と仲が良いようですね
初日に懐かれた事もあり、妹ちゃんが一緒に遊ぼうと誘ってきました  私は二つ返事で承諾して一緒に遊ぶことになったわけですが、遊んでる最中に無口ちゃんに何度か話しかけてみるも全く喋ってくれない!  そして笑ってすらくれない!  これは悔しい


悔しかろうがなんだろうが時間は有限です  結局そのまま勉強の時間に

勉強の時間が終わり、外で遊ぶ時間になりました  妹ちゃんに一輪車に誘われ、男の子からドッヂボールにきてくれと言われたのでその二つに行く事に

一輪車のところへ行くと、4人の女の子がいました  当然の如く妹ちゃんがいて、なんと無口ちゃんもいました  インドアっぽい印象を持っていたので、此処にいるとは思いませんでした  妹ちゃんを含めた3人は一輪車に乗ってぐるぐる走り回ってました  一輪車に乗れない私は素直にスゲェと思ったり
しかし一人だけ手すりを持ったままの子がいました  無口ちゃんです  まだ手を離して漕げないのかな、と思って無口ちゃんの方を見ていると、妹ちゃんがやってきました  妹ちゃん曰く、去年の3月から練習してるのに未だに手放しで一輪車が漕げないんだとか

自分だけが出来ない辛さと悔しさは、人一倍とは言いませんがそこらの奴らよりは分かっているつもりな私  昔も今も、何も出来ない小僧ですから

というわけで、私に何が出来るのかというと手伝うことただ一つです  無口ちゃんの手をひいてあげる事にしました  しかし首を振って断られてしまいます
漕げずとも一輪車に乗っているという事は、多少なりとも『乗りたい』という意志があるわけです  私は少々強引に、無口ちゃんの手伝いをする事にしました  『出来ない』よりは『出来る』方がいいですし、『しない』よりは『する』方がいいのです

最初は両手を持ってあげないと漕げませんでしたが、まずはゆっくりでいいから止まらずに前に進み、バランスをとることが大事です  自転車でも乗ったまま止まる事は出来ないでしょう?  それと同じです
それに慣れてきたら次は片手で練習です  両手でも片手でもバランスをとる感覚は似たようなものですので、今度はスピードを上げる練習です  スピードを出して漕ぐのが楽しいと思えるようになるためです  壁伝いだとどうしてもスピードが出せないうえに、スムーズに曲がる事が出来ませんから

しかし手を繋いで漕ぐにも欠点があり、こけると怪我しやすくなってしまうのです  反射で動かせる手が一つ減ってしまいますし、下手に引っ張るとコレまた余計な怪我が増えてしまいます  というわけでバランスを崩してしまった時は引っ張らずに抱き留めてあげます  傍から見たら変態にしか見えないんでしょうね  これでもしっかり考えた結果だというのに


まぁ何にせよ一輪車を漕ぐ練習を手伝ったわけです
しかしこどもと言えば茶化すのが得意です  視覚で得た情報と類似している記憶を引っ張り出してきます  つまりどういうことかというと、《男が女の手をひいている》→《王子様がお姫様の手をひいている》になるわけです  まぁ状況が類似しているというだけであって、私の事をカッコいいと思っているわけではないようですが
茶化される事には慣れてますし、こどもの言うことを真に受けてても仕方がないのでスルーします  無口ちゃんが嫌がるんじゃないだろうかと思いましたが意外とそうでもなく、何故か知りませんが笑ってました  何がそんなに楽しいのか分かりませんが、楽しいなら楽しいという事でいいでしょう


外で遊ぶ時間が終わり、休憩時間になりました  一旦みんなと別れ、休憩室へと向かいます  無口ちゃんが笑顔で「バイバイ」と言ってくれました  どうやら少しは好かれたみたいで一安心です
同じ休憩時間の人の話によると無口ちゃんは大人に頼ろうとしない子なんだそうです  友達には頼ったりするんだそうですが、こちらから何かをしてあげようかと言うと断るんだそうです  無口ちゃんの意思を尊重するなら、こちらからは何も出来なくなるとかで、その人も困っているようです


休憩が終わり、今度は部屋の中で遊ぶ事に  この時間は特に何もなく、主に男の子と一緒に遊んでました  野球盤やったりトランプやったりでしたね
2時半から3時15分までの外での遊びは野球です  一輪車の方はさっきずっと手伝っていたので別の先生に頼み、他の子たちとも遊ぶことにしました

3時半におやつの時間が終わり、また外へ遊びに出ます  今度は特に何も誘われなかったので、一輪車の方へ 無口ちゃんのことが気になったのかと聞かれると否定できませんね  一輪車の方へと行くと、今度は無口ちゃんの方から手伝ってほしいと言ってきました
ここでふと気付きます  無口ちゃんは大人に頼らないんじゃなくて、甘えれる相手がいないんです  遠慮深いから相手の厚意を断ってしまい、頼らないから大人と話さない  話さないから甘えれる相手が分からない、ってところですね
そこに私という厚意を押しつけてくる相手が出てきたわけで、それはつまり甘えれる相手って事です  なんせ自分ではなく相手から近寄ってきたのですから  ようやく初めて無口ちゃんにとって甘えれる大人が児童クラブで出来たというわけですね



こんな感じです  つまり告白してきたのはこの無口ちゃんでした  恐らくLoveではなくLikeでしょう  こどもの言うことを本気にするほど馬鹿ではありません  ですが、こどもの言うことだからと言って信じずに適当な事を言うと、その子が泣いてしまう可能性があります  こんな状況に陥った時は注意しましょう
ちなみにこの話を17年来の親友に話してみました

『………って事だったわけよ』
『すごく残念やな、それ』
『何が?』
『こどもじゃなくて同級生とかなら良かったのに』
『まあ…なぁ』
『にしても……』
『どったのさ?』
『良い話な気がするんやけど……うーん……』
『良い話かどうかは置いといて、何で唸っとん?』
『いやだって、良い話なんやけど……秀策やからなぁ』
『どういう意味!?』

まさか親友に「お前だからなぁ」とか言われると思ってませんでした  出会ってから17年、一度もそんなこと言われなかったのに、まさかのこのタイミングで言われました  ってか私だから「良い話…?」になるっておかしくないですか


ちなみに告白された場面は省略しました  何故かと言うと状況を説明するのが非常に面倒だから  簡単にまとめて書くために別にしたわけです

妹ちゃんに狭い場所に押し入れられて、入口を塞がれて出れないようにされたところ(その気になれば普通に出れる)、無口ちゃんが隙間から手を伸ばしてきて条件反射で掴んだら離してくれなくなった  そこに別の女の子がやってきて手を繋いでいることをみんなに言いふらし、無口ちゃんに「私の事が好きなのか」という問いかけをしたところ力いっぱい肯定されて、私が押し入れられた狭い場所に自ら入ってきて私に抱きつき『大好き!』と言ってきた


簡単にまとめてもこの長さです  状況説明すると記事の長さがこれまでの1.5倍ぐらいになりますね、きっと

とりあえず親友が言っていた『残念』に同意したいところです  これが可愛い同級生とか後輩だったrゲフンゲフン  いや、こども好きだからむしろ最k――なんて言ったらロリコン認定されそうな予感がするので言わない事にしましょう  私は何も言っていない




エイプリルフールネタでした







TS行きましょーか

エイプリルフールと言えば嘘をついても良い日であって、ネタを仕込む日ではないのではないか  そんなことをあちらこちら回りながら思ったり






1877.jpg






前回に続きいよいよ覚醒クエの開始です
とは言っても此処に用はないので早送りモードで行きましょう






1878.jpg






わんこを倒して






1879.jpg






ドッペルゲンガーの登場です!  キャードッペルサーン!
今回は防御極ということもあり、思う存分ドッペルさんにドッペルさんのドッペルさんを召喚してもらえます
というわけで今回はドッペルさん祭りです!






1880.jpg









1881.jpg









1882.jpg









1883.jpg









1884.jpg






画像縮小って何それ?食べれる?美味しいの?

見た目装備が剣だけなのでほぼ同じ姿です  果たして合計どれだけのドッペルさんがいるのか、数えるのが面倒なので皆さん頑張ってください






1885.jpg






しかし消え去る時は一瞬です  本体やっつけた瞬間、音も煙もなく全員いなくなってしまいます  あれだけ多くのドッペルさんのドッペルさんがいたのに、少し物悲しいですね






1886.jpg






まぁとりあえずこれで覚醒は完了です  覚醒ブルペン(魅)ゲット確定!






1887.jpg






ちゃんと公式晒しのSSもパシャリ
生まれたのはイプリオンさんでした  魅型なのでてっきりポニテことクルーセイフが生まれるかと思いきや、どうやらステータスに加えてそれぞれの型の経験値まで影響するんだそうです  まぁいざとなったらバリブレ覚えれるステにしてあるのでまぁいいや



今日はコレだけー  前半文字だらけだったので後半はSSだらけです  そんなもんです
おまけ↓






1888.jpg






最近のペットはステが高くなってきてますね  反比例して見た目が悪くなってる気がしますが



んでは~


ノシシ☆ミ
スポンサーサイト



 2011_04_07

03  « 2011_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P