FC2ブログ



どーも秀策@ユキナですよー






台風がやってきましたね  という時期ネタだったのですが、完全に途中で書く気が失せてしまったので単なる過去形のお話でしかなくなってしまったわけです
しかも台風が来たから何だってんだってーと、学校が中途半端に休校になったせいであちこちに補講が入ってダルイよーってだけです  別に雨に降られたとか傘刺してたら宙に浮いたとか、そんな愉快な事があったわけでもないですし、女の子が雨に降られて服が透けてたとか野郎の欲望を駆り立てるような事もなかったです  いい事なんて一つもありませんでした

ま、それだけですよ  何で私は台風ネタを書こうと思っていたのだろうかと、今思い返すと疑問しか残らないですね  意味のある行動を取る方が珍しいっちゃ珍しいのですが



さて、ここしばらく更新してなかったわけですが、何でかというとテスト期間中だったからです  というか現在進行形でテスト期間中です  面倒ったらありゃしない  まぁ建前ですけど  実際は単純に書く気が起きなかったからですね  一時期アレほど人に催促していたヤツがなんという体たらく  相手の気持ちが読めない時点で半人前ですね


そんなわけで今回はテストネタです


テストは水曜日から始まりました  私はテストの前々日になるまで、テストの存在を完全に忘れていました  いや、ある事は分かっていたのですが、まだまだ先だろうと思ってたらいつの間にか目の前に迫ってました  こりゃ怖い
そんなわけで月曜日からテスト勉強を急いで開始したわけですが、講義でテストの形式を聞く度に焦ることになります  範囲広ぇ!!  これぞ一年生の宿命、初めてのことなので勝手が分からないという問題に直面します

高校と違い、大学のテストはミスると追試というかなりマズイ事態に陥ってしまう恐れがあるので、危機感がハンパないです  下手すると再履修という最悪の事態が待っている辺りも、今までとは違う危機感が圧し掛かってきました
そんなわけで中学・高校と、テスト勉強やる気起きねーとか言いながら適当に流して過ごしていた私は本気でテスト勉強に掛かります  今までは数学とか国語とか、公式があったりしたので比較的楽でしたが、保育原理とか障害児保育とか、完全に未知の領域です  勉強せずに乗り切れるわけがねぇ


そんなこんなで久々に真面目に自主学習しました


およそ3年ぶりの自主勉強の感想は、やれば案外覚えれるものなんだなということでしたね
高校時代の勉強は課題を提出するという程度にしか考えてなかったし、中学時代は塾での勉強でテストは事足りており、自主勉強という感覚ではなかったですからね

ただノートに取るだけでも結構記憶に残りますし、声を出しながら書くだけでも覚えやすさが全然違います  大学に入って始めて、勉強というものを学んだ気がします  高校時代にもちゃんとテスト勉強しておけばよかったと、今更ながらに思いますね  後悔というのは、事が過ぎてからでないとできないものなのです



受験勉強というものを体験したことのある人からすれば、なに馬鹿なこと言ってんだコイツなんて思われたりするやもしれません  しかし私は受験勉強というものに今のところ縁のない人なので、どうにもこんなくだらない事で感動してしまったりするのです

そんなわけでね、もし高校生の方とかでこのブログを見てくださってる人がいるのであれば、勉強はやっとくと後悔しないという事だけ伝えておきたいと思います  それでも大半の人はしないんじゃないかなという憶測  だって自分がそうだったわけですし


勉強に関しての感想はコレぐらい  今度はテストの感想



何これ簡単



この一言に尽きます  勉強したから、というのも理由としてあるんですが、何よりも想像していたモノと大きくかけ離れていました  私はもっと、緊張感のある空気の中で、如何にもテスト!といったモノを想像していたのですが、個人的には中学のテストを受けてるかのような感想でした  危機感がないとも言えます
コレなら高校で受けた工作のテストの方がよっぽど難しかったと思います

まぁ簡単とか言っておきながら、今日のテストの時に本気で焦ってたりしたんですが
今日やったテストの一つがですね

「ノート持ち込み不可で簡単なテストと、ノート持ち込み可で難しいテストどっちがいい?」
「難しい方で」

という一連のやりとりがあったせいで、ノートをしっかりと書いてないとテストの時に\ヤベェ/と言わなきゃならない状態に追い込まれまして  んで私もしっかりノートを途中まで書いていたのですが、昨日徹夜するつもりが途中で寝落ちしましてね……(-ω-`;)
そんなわけでプリントの内容を全部書けてない&ノートのみ持ち込み可&印刷・貼り付け不可というわけで、私の心境状態はクライマックスとも言える状態でした  
記述問題が選択式だったため、途中までノートを書いてたおかげで何とか乗り切る事が出来たというわけですよ……  しばらくはこんなプレッシャーいらないです




そんなテストでした  今のところ簡単に感じてますが、先輩方曰く二強が月曜以降に控えてるそうなので、何とか乗り切らなきゃなりませんね







今日のつぶやき


どこぞでは私がリア充だとか言ってる人がいるのですが、実際のところは女子と楽しく会話できるだけでテンションが上がるような安ーいヤツですよ、私  話せるだけでリア充だとか言う人は話しかける努力から始めようか  こっちは話しかけれないと居場所無くなるから必死なんですよ

そんな軽い愚痴を叩きつつ、今日の話題はとある男の話  私の事じゃありませんよ?


とある男がいましてですね、これがまた私が生理的に受け付けない性質のヤツなんですよ  何というか、ありとあらゆる事に対していい加減なんです  そして自分の為だけにしか動かないような男です
まぁそんなヤツに限ってイケメンというのがコレまた気に食わないところです  世の中は理不尽だと思います  不平不満を並べていくとつぶやき一つ分ぐらい埋まっちゃうのでこの程度にしておきましょう
そいつには彼女がいます  イケメンだったら性格悪くても彼女持ちとか普通にありますよね  その子がまた普通に可愛い子で、性格は簡単に言えば若干頭の弱い子です  別に私がヤツの彼女を奪おうとしてるだとか三角関係だとかそんな話ではありません

要は可愛い彼女持ちな男なわけですが、そいつは見かける度に別の女子と一緒にいるんです
女子と話したり一緒にいたりするのは別にいいんですよ  男女間の友情はあると思ってますし


ですが、何とも納得のいかないというか理解できないところがあるのです
私は嫌いな奴でも普通に笑って話すという、嫌なスキルを習得してしまったがためにそいつとも結構話します  私からは絶対に話しかけませんけれど
今日そいつと話す機会ができてしまい、こんな話を聞きました


《そいつは今日のテストの勉強をしていなかった  なのでとある女子(彼女ではない)に頼んでプリントをコピーさせてもらった  そいつはそのお返しに、その女子と2人で花火を見に行く事になった》


……いやね?  そんな嬉しそうな顔で話す事なのか、それ

別に自慢してくるだけならいい  それはモテる奴の特権だから
でも、それを承諾してしまってもいいのか?  お前には彼女がいるんだろう?  彼女はそれ了承済みなのか?
仕方なく一緒に行かざるを得ないという風に言うのであれば、まだ一考の余地はある  でもお前は何故そんなに嬉しそうな顔で話すんだ?

それとなくそいつの彼女に探りを入れてみました  普通に花火大会の話を切り出してみただけですが  花火大会があるのは存じているようでしたが、どうやら自分の彼氏が他の女と花火大会に行くことは知らない様子


自分の考えを人に押し付けるのはどうかとも思うけれど、彼女に対して適当すぎる点がどうにも理解できないし納得がいかない  それが原因で破綻するのは勝手だけれど、彼女が可哀相だとも思ってしまう
かといって男本人に注意しても、自分の利を考えて動くそいつには言っても無駄だろうと思われる




何でこの世には付き合うとか彼氏彼女という概念があるんでしょうね?




今日はコレだけー



んでは~


ノシシ☆ミ
スポンサーサイト



 2011_07_29


どーも、秀策@ユキナですよー






休日というのは素晴らしいものでしてね、丸一日家でのんびりできる日です
それは祝日も同じ話です  祝日はつまり休日と言って差し支えないでしょう  まぁ社会人の方々から言わせると休日?祝日?何それ美味しいの?って話だそうですが、私はまだ学生の身なのでそちらの事情に合わせて話をするのはなかなか難しいのです

そんなわけで本日月曜日は海の日という素晴らしき祝日なのですが、ウチの大学は授業があるんですよね  チクショウ……!

私の通う大学は夏休みが短いです  そして祝日の幾つかを平日にされます  その影響で、私の聞き及ぶ限りでは大学の夏休みというのは9月一杯まであるらしいのですが、コチラは9月の頭には夏休みが終わってしまいます  日数で言えば小学生の夏休みより短いです  そして海の日と天皇誕生日が平日になります  クリスマスの前日に授業だってよやったね!
まぁこんな感じに祝日とかが削られた分だけ、春休みが長くなるのですが  休みは基本的に後ろに回して、纏めて休ませるって方針ですね

夏休みとか祝日が普通にある方がいいと思う人もいるでしょうし、春休みが長い方がいいと言う人もいるでしょう  どちらも一長一短です
ただ一つ言いたいのは



全国的に祝日と称されている日に学校へ行くのはダルい



というただの愚痴




さて、最近コメ返を全くしてないので、必要のあるものだけコメ返していくとしましょうか
というかですね、いちいちコメ返機能使ってコメ返するのが面倒になってきただけなんですよね  一つ一つ返信するとコメ数増えてヤだし
あともらったコメを纏めて返して行きますので、どれがどれに対応してるかは各々で確認してください


女子供の両方を満たすのは……確かに幼女だ  しかし私は断じて犯罪者予備軍などではない!  加えて言うと犯罪者になってもいない!

あくまで反則的だと思うだけであって別に手を出したりはしないです  オマエ幼女に手ぇ出した記事書いてたじゃねーかって、いやいや、アレは手を出したわけではないですよ  結果的にああなっただけなんです  まぁその原因というか理由を作ることになったのは確かに私が手を出したからなのですが、その手を出したってのは差し出したって意味であって決して他意はない!  他意はないって言うと都合の良いように捉えられそうですが、これ以上に説明のしようがないのが悔しい!!

何が言いたいかというと、私は別に犯罪者予備軍とかじゃないって話ですよ  確かに幼女は好きである  いや別に性的な意味でじゃねーから!
正確には幼女"も"好きなんですよ  この言い方だとロリコンに加えてショタコンの称号まで押しつけられそうなので、それはないと否定したところでこの話は切り上げたいと思います  これ以上言っても誤解を生みだすだけな気がしてきた


次行きましょう次


天体観測は良いですよね!  まぁ観測と言えるほど突っ込んだことはしないので、正確には天体観望とか星見という言い方の方が正しいです
夜中自転車こいでる最中に星が見えるって何それ羨ましい  ウチの近所は1~3等星ぐらいしか見えないんだよねぇ

あと何を勘違いしてらっしゃるのか知らないけど、私は別に幼女と星見に行ったわけではない!  確かにみんなの年齢知らないけど、私より年下って事はまずない
幼女と二人で星見に行きたいなら、友人の妹とかにでも手ぇ出せばいいんじゃないかな!

あと私はリア充じゃないので、リア充爆発は大いに推進して行きたいですね!




コメ返終了


次はこの前の木曜日の話



学祭委員の親睦会に行ってきました
分かりやすく言うなら親睦会という名のタダ飯を喰らいに行ってました

まぁ親睦会と言うだけあって、見知らぬ先輩と仲良くなったりしましたね  例えば、複数の飲みモノが置いてあると全部混ぜて他の人に飲ませたくなる先輩とか、右腕は人の胸倉を掴むための、左腕は人を殴るための筋肉が発達した女の先輩とか、その人に手のひらを全力で殴られても平然としてる先輩とか
知り合ったうえで、やはり仲の良い人同士が集まってしまうのは仕方のないことだと思います  顔を合わせて間もない人たちと気兼ねなく話すのはやはり難しいものですからね

そんなわけで私は女の先輩とばかり話してました  誤解を招く発言をしてスミマセンでした正しくは部活の先輩と話してただけです許して下さい



先輩後輩の交流もそれなりにあり、平和に終わったかのように見えた親睦会  終わった後で耳にした話で、先輩方からとある1年生が嫌われているという情報を手に入れました  そいつが嫌われている理由は、簡単に言うと性格というか性質が気に入らないというものです

人が人を嫌うことはよくある話です  そもそも人を嫌った事がない人を私は知りません  しかし、こんなに小さなグループなのに、それもこんな短期間で、人間関係についての問題が生まれるということに一抹の不安を感じます
確かにそいつが世間一般でいう”普通”から多少ズレていることは間違いありません  しかしそのズレは受け入れることができない程のものなのかというと、そういうわけでもありません  円滑に事を進めるには、先輩方及び嫌っている人たちがそれを受け入れるか、好ましく思われていない事を察して、そいつが自重するかのどちらかになりそうです

その後、詳細を伏せて本人からそれとなく話を聞いてみたところ、それを変えるもしくは自重する気はあまりないそうです
かと言って嫌っている人たちが受け入れる事は表情からしてなさそうです  恐らく一方的な侮蔑感を抱いた状態で、彼らは接することになるんでしょう




何処へ行っても付きまとってくる人間関係という問題
どうにかして上手く立ち回る事が出来ないものですかね



今日はコレぐらい



ノシシ☆ミ
 2011_07_18


どーもー秀策もといユキナですよー






さて、改装してから初のまともな記事です  一体何を書くのかと聞かれたら、答えてあげるが世の情けというわけで、つまりは今まで通りです  今までのからTS記事がなくなったとかそんな感じ  別に世界の破壊を防いだり平和を守ったりするような発言は致しません  ただ愛と真実と悪を貫くってのはカッコいいですよね



さて、書くにしても何を書こうか  ランキングにも日記で参加することにしたので、素直にその辺を書いて行く事にしましょうか


 昔、中国の神の皇帝である「天帝」に、一人娘の「織り姫」がいました。織り姫は働き者で、布織りの仕事を毎日毎日休む暇も惜しんで働いていました。
 天帝はそんな娘を誇りに思い、立派な婿を授けてやろうと考えます。その婿として選ばれたのが「牽牛」です。牽牛もまた働き者で、朝から晩まで牛の世話をしていました。
 2人は出会った瞬間に恋をしました。それからというもの、2人は毎日遊んだり語り明かしたりしていました。熱心だった仕事も疎かになってしまいます。天帝が2人に注意をすると、「明日から働きます」と声を揃えて言うのですが、2人が働き始める気配は全くありません。
 次第に神々の服はボロボロになり、牛たちは病気で死んでしまいます。怒った天帝は、2人を天の川の西と東の岸に分けてしまいました。
 牽牛と離れ離れになった織り姫は悲しみ、毎日毎晩泣いて過ごしました。流石に可哀相に思った天帝は、「一生懸命働くのならば、年に一度7月7日の夜だけ会うことを許そう」と言いました。2人は一年間、一生懸命働きました。すると、7月7日になると何処からか「かささぎ」がやってきて、橋を架けてくれました。



皆さん御存知の、七夕の「こと座とわし座の物語」です  七夕伝説とも呼ばれますね

ちなみにコレで話が終わればめでたしめでたしなんですが、実は続きがありましてですね  7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増して、かささぎは橋を架けることが出来ず、2人は会えなくなってしまうという話があります
この雨の事を「催涙雨」と呼び、織り姫と牽牛が流した涙とも言われています
勘違いしてはいけないのは、天の川の水かさが増す原因となった雨は、空に降る雨だという点です  地上に降り注ぐ雨は織り姫と牽牛の涙で、この2つは別物だということですね


ちなみに日本で催涙雨が降る確率は74%です  1/4の確率でしか七夕の日に星を拝めないというわけですね  さらに言うなれば、新暦の7月7日では月齢(月の形)が不安定で、月明かりのせいで晴れても天の川が見えないということもあります

夏の大三角形は『こと座のベガ(織り姫)・わし座のアルタイル(牽牛)・はくちょう座のデネブ』の3つの星からなりますが、七夕伝説に関係のないように見えるはくちょう座こそが、「かささぎ」なのです  夏の大三角形は、織り姫と牽牛とかささぎによって構成されているのです




突然七夕伝説の話をし始めた理由は、まぁ日記形式で書くって事を前提に考えてくれると分かるかと思います
要するに私も星を見ようとしたって話です  雨降って結局見れませんでしたけどね


天体には中学の頃から興味を持っていたのですが、金銭面的な理由と門限のせいでなかなか自由に星が見に行けなかったんですよね  んで、大学生になってバイトし始めたことにより金銭面の問題が軽減したので、この機会にいろいろ調べたりしてみようじゃないかということでいろいろ買って来てみたのです


ただ一人で見るのは寂しいじゃないかということで、よく喋るグループの奴らに声をかけてみます  全員今更七夕になんて興味ねーよって反応でした  夢ねーなちくせう!

残念無念で終わるのは何だと思ったので、女の子を誘ってみました  OKをもらいました  何という
しかしチキンである私は誘う段階で、その子のグループの皆も一緒にという台詞を使ってしまってました  とある理由により、その子のグループの奴らから『チキン』のあだ名をつけられたのですが、今ほどしっくりくる場面はそうそうないでしょう


そんなわけで7月7日に時間が空いている人で星見に行こうぜ!って話になったわけです  結論は先に言いましたよね?  中止ですよ
七夕は本来7月6日の夜から7月7日の早朝にかけて行われるのですが(神事の影響)、7月6日は私がバイトだったので7月7日です  まぁそんなこと知ってる人が大学にいるかどうか疑問ですし、何ら問題ありませんでしたが


7月7日は中止になりましたが、私が誘った女の子が山にだけ登ってみたいと言い出したので、8日に登ってきました  私は基本、女子供に甘い為、頼まれるとよっぽどでない限り断れません  女子供の両方の条件を満たしている子は反則だと思います
そんなこんなで星も見えないのに山登りをしてきました

部活の後で山に登ったので、外は真っ暗です  山に街灯などあるはずもありません  そんな状態の中、懐中電灯一つで山に登るというのは結構怖いものです  事実カカシ一つでみんな驚き叫んでました  私は予め何度か登っていたのでカカシには驚きませんでしたけどね  しかしみんなの叫び声に驚かされるという、想定外の出来事があったわけですが  いきなり目の前でキャー!とか言われてみてくださいよ  そっちの声に驚きますって、いやホント


お化け屋敷とかに行くと、怖がった女の子が飛びついてくるというイベントがあったりします  ただそれは、予めある程度の好感度がある際の、二次元に限った話です
現実と理想は大きくかけ離れるものであって、実際にあった出来事は

カカシ発見⇒前方数人が驚く⇒声に驚いた後方の人がカカシを見てさらに驚く⇒一応安全(?)の為に列の真ん中にいる女子たちが足を止める⇒足を止めるならまだしも、スゴイ速さで後ずさる⇒最高尾の私に突進⇒不意の出来事に私転倒

抱きつかれて得するどころか、突進されて怪我負わされるというね  世の中そんなもんです



道は基本的に一本道なので迷うことなく頂上に到着しました

頂上には木はあるのですが、空が見えるようにポッカリと開いています  ここからなら空が見やすいでしょう  というか、星を見るためにあるんじゃないかってぐらい空が見やすいです
しかし地上からそれほど離れていないため、光が目に入ってきやすいのが欠点  空は見やすいかもしれないけど、星は見えにくいかもしれない  そん(損)な場所

その日は曇っていたので空は見えませんでしたが、山の上から見下ろす地上の光というのも結構きれいです  人口でも、光っていると考えればきれいに見えるのです  みんなも気に入ってくれたようでしたので、私も満足です




そんな山登りでした  次は旧暦の七夕にまた見に行こうという約束をしてこの日は終わりです





今日のつぶやき


大学で友人と話しているといつも思う  自分の居場所なんてないんじゃないかと
杞憂かもしれない  ただマイナス思考なだけだと思う
しかし幾ら否定しても、否定を否定する要素を見付けてしまう  そしてそれを肯定しようとすると、また否定出来る材料が現れる

自分の中にある枠組みと、彼らの取る行動が一致しない

彼らの考えと私の基準も一致しない  故に私の疎外感は腐食されない
モヤモヤした感情を抱きながら、また彼らと笑顔で接する




今日はコレぐらい



ノシシ☆ミ
 2011_07_10

改装完了!

Category: 雑記  



というわけでブログの改装が完了致しました!


宣言して2日で改装するなんて、もうちょっと悩んでもいいんじゃないかとは思ったり思われたりするかもしれませんが、思い立ったが吉日です  やるならやっとけって話です



テンプレが変わっているのと、プロフィールやタイトルなどを変更  あとはプラグインを削って完了です  ここまで経過時間およそ5分
過去記事は一応アーカイブから見れるようにしています  見れなくしても良かったと言えばよかったのですが、特に過去を否定する気はないのでこのままに  ただ、せっかく改装したのだから過去記事がすぐ目につかないようにと、ページに表示される記事数を弄りました

ブログ名は即席で考えた仮名なので、その内変えるかもしれないとだけ




そんなわけでTS記事はなくなってしまいましたが、我がブログをよろしくお願い致します


ノシシ☆ミ
 2011_07_09


どもども秀策ですよー






Rewrite買いましたRewrite  そんでクリアしてきました

感想とかそういうのは私の語彙力の無さが露呈してしまうというか有体に言って苦手というか、まぁそんなわけで『面白かった』と一言だけにしておきましょうか  個別ルートでは泣けるのもあったけど、トゥルールートは泣きませんでした  話を理解するので精一杯で、泣く暇がね……
毎度の如く選択肢のたびにセーブしたわけで、それに加えて個人的に途中でセーブしたのを幾つか加えると、なんとセーブ数が110個になったという事実に驚愕しました

しかもこのゲームには『フレンドリスト』と『魔物図鑑』と『クエストリスト』なるものが存在し(名称は個人的に付けたもの)、それら全て埋めなければ全攻略と胸を張って言えないんですよね  魔物図鑑は通常攻略で埋まりましたが、クエストリストはまだ半分ほどしか埋まっておらず、フレンドリストを埋めるにも相当面倒という事実を公式ブログにて入手致しました
詰まる話、これらを全て埋めるには初めから何度もやり直さなければならないであろう事が半ば予想できるでしょう  面倒なので攻略サイト見てやろうと思ったのですが、やっぱりというか当然というか、全攻略できたサイトなどまだあるわけもなく、要するに自力で頑張れって事ですよ


やる気が出ないので、数日はRewriteから離れて過ごすことにしますか




まぁそんなわけで、先週の金曜日からは恋愛シュミレーションゲームに時間を投じていたという、傍から見るとただの引き篭りか変態にしか見えないことをしていました  一応全年齢対象だとだけ言っておきましょう  まぁ今更私が純情な大学生だと宣言したところで、信用する人はいないでしょうが


家ではこんな私ですが、外に出れば普通に真面目に生活しています  オイコラ誰だ、そんなまさか(笑)とか言った奴
普通に真面目に大学行って、普通に真面目に(大事な事なのでry)過ごしていたのですが、最近何故か大学でも変なヤツ扱いされるようになってきました  今はまだ突拍子なことした覚えはないのに、何故かよく話すグループ一の変人扱いされてます  あながち間違いでもないでしょうが、これは納得がいかない
変なヤツ扱いされるのはまだいいんですよ  たまに私も自身を変人だとのたまったりしますし

しかしチャラいと言われるのだけはおかしいと思うんですよ  私はどちらかと言わずとも陰キャに属すでしょうし、何よりチャラいと言われる行動を取った覚えがない  なのに、あまり好んでいない『チャラい奴』という部類の一員扱いされるのは、かなり嫌です
そんなくだらない愚痴  まぁこんなこと、ネタに出来なければストレス溜まるだけですよね  冗談で言われるのは全然構わないけど、真顔で真摯に言われると腹立つ  そんな感じ





さて、前回の記事にていろいろやり過ぎじゃねーのっておd―――警告されました


確かに自分でもやり過ぎな感じはします  部活はどれも活動日が少ないのでともかくとして、学生会と学祭委員を兼任してるのは確かに仕事が結構舞い込んできそうです  恐らく夏休み明けからは学生会としての仕事が、学祭前後は学祭委員の仕事で忙しくなるでしょうね  当然仕事が増えれば体力も使いますし時間もなくなります

ですが、私はそれでいいと思ってます
何かをするってのは重要な事です  何もせずに無作為に生き、ただ時間を浪費するよりも、体力が尽きるまで達成すべき目標を持って生活する方が断然良いと思います
今の私は無気力の塊です  TSもやる気が出ない。ブログを積極的に書く気もない。特にしたいゲームもない。本を買っても読まずに積む。自主的に勉強もしない。したい事があるわけでもない。

そんな時間を持て余した私がどうやって能率的に時間を使うべきかと考えれば、おのずと方向性が見えてくるでしょう  自分以外の為に働けばいいのです

しかし特定の誰かに都合よく使われるだけでは癪ですし、何よりやる気が出ない  となれば不特定多数に対して、特に必要とも言えない援助をする事が私としても丁度いいです  それこそが学生会の仕事とも言えるでしょう
学生会に入る決断をする時点では、こんなこと一切考えてませんでした  よってこの理由は後付けのものです  しかし、理由を持たせる事は重要な事です  今この瞬間だけの理由であっても、それが本人にとっての本心であるならば、それは間違いではないのです


つまり私にとっての学生会の仕事というのは、意味のない時間に意味を持たせる事が出来る重要な活動であると言えます  これは学祭委員に関しても同じです


そしてサークル活動  バドミントンにテニスにボランティアによさこい
バドミントンとテニスは楽しいです  趣味と言っても構いません  元より体を動かすのは好きでしたし、何よりストレス解消になります  今まではTSで目標に向かって邁進することによって嫌な事を忘れたりできてましたが、目標がなくなりTSのプレイ時間が減った今、ストレスを解消する術を持つのはかなり重要な事とも言えます
ボランティアは高校でいう茶華道部に値します  部活自体が好きなのです  そこにそれ以上の意義は必要ありません
よさこいは活動日時が不明瞭なのであまり活動していませんが、サークル活動は私にとって切ることのできないものです

バイトはお金を手に入れるためには必須です  コチラは私の中で学校に行くことと同義のようなもの  好き嫌い以前の問題で、行うべき義務なのです



大変でも、体力を使っても、それでも私はこれらに意味と必要性を見出しています  何よりもこれらの半分は既に切ることの出来ないものですし、切れるモノは娯楽だけです  ならば切る必要はないでしょう

重要なのは必要か必要でないか  体力は二の次です  体力が足りないのなら、体力をつければいいじゃない  そういう問題です  必要なのに捨ててしまえば、もしかすると二度と拾えないのかもしれないのですから






TS行きましょーか







……とは言ったものの、TSやってないので記事が書けないという現状です

実は上の文を書いたのは軽く1週間前でして、それからTSをプレイする時間が少なかったうえに、数回inしてみたのですが結局何もせずに接続が切れたりと、つまりSSなんて一枚もないし文字で書けるほどプレイしてないとも言えます


このブログはTSブログです  つまりTSをしなければこのブログを更新することが比較的困難な状態になるというわけでして  これは以前から頭を悩ませていた問題です
以前まではTSにも週2ペースでログインしていたため、その内やる気が戻るだろうと楽観視していたのですが、もはや週1ですらログインしなくなってくると、楽観視もしていられない状況というものです

何故楽観視していられないのか
それは、TSをしない事によってブログが更新できないということは、TSを辞める場合ブログも切って捨てなければならないという問題が発生するためです
自分の日常生活とも言えるものが2つも一気になくなってしまうと、私の生活習慣が大幅に変わってしまう可能性もあります  実際問題結構変わってしまっているわけですが、自分としても愛着のあるものが2つもなくなるというのは物悲しくもあります
しかしTSからは私の心は離れつつあります  こちらに関しては本当に仕方がないと言わざるを得ない  しかしブログに関しては、更新しようと思いつつも更新できないという状況が続いてるわけで、ブログに非があるわけではないのに切らなければならないというのは納得がいかない



そんなこんなで、今までは意地でもTSブログと銘打ってきた『ついでに頑張れ』ですが、コレを機に方向性を転換しようかなと考えております


まぁ方向性を変えると言っても、要はTSの記事がなくなる以外に変更点はないでしょうが  でも変えるなら、ブログ名からテンプレまで何もかも変えてしまおうかとも思いつつ
つまりはただの日記に成り下がってしまうというわけですよ

今はまだそう考えているという程度の段階です  しかし、現状ブログを続けるとなると、そうする他ないとも言えます
いつまでも不確定要素を盾にして引き延ばすのはどうかなと思いますしね





そんなこんなで、もしかしたら突然ブログを改装する恐れがありますとだけ宣言しておきます

お気に入りからブログに飛んでみたら何か別の人のブログに着いちまった!なーんて勘違いがあるやもしれません  もし変わってたら冷静に対処してくださいね


今日はこの辺で


ノシシ☆ミ
 2011_07_07

06  « 2011_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P