FC2ブログ


Category: 未分類  

1年の学年演技は代表生徒の笛の合図に合わせて単調な動きをする、というものだった
本当に簡単な動きだが、今の俺たち2年生に真似をしろと言われても簡単には真似出来ないだろう  この学校に馴染みきっていない1年生だからこそ、全員が動きを合わせられるのだ  2・3年はこの学校に慣れ切っている  そして学校に慣れていくと同時に手の抜き方も学んで行く  だから単調な動きは逆に真似がし辛いのである


1学年演技を見終え、昼食をとる



午後の部が始まった


午後の部の最初に行われたのは玉入れだ  菊部長と真白ちゃんが出ているはずだ
玉入れのルールは誰もがご存知の通り、高い位置にある籠にお手玉を放り込めばいいだけだ  しかしと言うかやはりと言うか、コレまたちょいと変わったところがある
お手玉の色は全部同じ白色で、どのクラスが入れても点が入る事になっている  しかし、残り時間が半分になった時点で各クラスの籠の下に括りつけられている袋が開き、色つきの玉が落ちてくるのだ  色つきの玉は1個につき3点  玉はクラスによって色が違い、自分のクラスの玉の色でないと点数に換算されないのである

全学年合同で行われるその競技の結末は、果たしてCクラスが1位となった

他のクラスが下手だったというわけではない  菊部長が余計な事をしたわけでもない  ただ、Cクラスが規格外過ぎただけだった

Cクラスの1年メンバーは、真白ちゃん・中野飛鳥・星見叶の3人  これは聞いた話だが、中野は開始直前に先輩たちに対し作戦を提示したそうだ  『後半になったら、相手の色玉を相手の籠に入れろ』と
説明不足に思えるが、実際はこれほど的確な表現はなかった  つまり敵の色玉を、別のクラスの籠に入れろということだ  得点の高い玉をいち早く失くしてしまう事で、相手の得点源を奪う事が出来る  更に籠の大きさは決まっているため、余分な玉が入り込んでしまうと自分のクラスの玉の入る数が減ってしまうのだ
点数を稼ぐ役、妨害をする役、自分のクラスの玉を確保する役  それぞれが上手く機能していたので、他クラスと圧倒的な差をつけていた


次は2年の学年演技  俺たち2年生の演技は簡単に言うとダンスだ  曲に合わせて踊る、ただそれだけのモノ  高校生らしさという理由から組体操をダンスの中に組み込んでいる
280人が一斉に踊る分、統率力に欠けてしまう  それは良く言えば自由度が高いということだ  ダンス自体を台無しには出来ないが、細かな動きは幾らでも応用が利かせられる  1年とは反対に、学校に慣れきっているからこそ出来るものだと俺は思う


2年の学年演技が終わり、次は借り物競争が始まる

借り物競争のルールは、スタート後に紙の入った箱があるので、その箱から紙を取り出す  それに書いてあるモノを持って、ゴールまで行けばいい  例えゴールしても、紙に書かれた通りのものでなければいけないのである
俺はこの高校に入って、初めて実際に借り物競争を見た  時間がかかるうえに、全員がゴール出来ない可能性があるので、学校行事である体育祭で行うにはリスクが大きすぎるのだ  かと言って、借りてくる物を学校側で用意してしまうと、それは単なる出来レースだろう
そんな借り物競争をやっているこの学校は、やはりどこか変わっているようだ―――



菊菜 「やっほー泉ー!」

私はスタート地点から泉に向かって手を振った  泉も小さく手を振り返してくれる  うん、頑張れそうな気がする!
借り物競争は競技の中で最も楽な競技らしくて、走るよりも知らない人に話しかけれる勇気が必要って話を聞いた  他の人も同じ物を探してる場合もあるみたいで、貸したいと思われるような第一印象も重要なんだとか
ただ、楽な競技だけど簡単な競技じゃないって噂もあるみたい  よく分かんないけどね

そんな事を考えてるとスタートの空砲が鳴った  周りのみんながスタートする  私もそれに続いた



泉   「キクちゃん大丈夫かしら……」
真白 「ひゃあ!?  たっ高槻先輩!?」
泉   「どうしたのかしら?」
真白 「え、え?  何でここに?」
春奈 「あ、こんにちは先輩」
叶   「……」

気が付くとそこには先輩がいました  真白ちゃんの部活の先輩がいました  高槻先輩、だそうです  今まで名字を聞いたことがなかったので初めて知りました
申し遅れました、私は吉川春奈と申します

泉   「こんにちは、残りの3人は?」
春奈 「飛鳥ちゃんとミユはちゃんは分からないですけど、由梨ちゃんなら借り物競争ですよ」
泉   「あらそうだったの」
真白 「あの……だから何でここに?」
泉   「暇だったからよ」
真白 「………」

そんな会話をしている間にスタートの空砲が鳴りました  およそ20人の人が一斉に走り出します

泉   「あなた達はこの借り物競争がどんなものか知ってるかしら?」
真白 「普通の借り物競争じゃないんですか?」
泉   「少なくとも普通ではないわね」
真白 「じゃあ一体どんな?」
泉   「すぐに分かるわよ」

高槻先輩は運動場の真ん中に設置されている箱と、その箱に手を突っ込んでいる集団を見ながらそう言いました
その直後、驚きと戸惑いの混じった声が運動場に広がりました












スポンサーサイト



 2012_06_27

05  « 2012_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P