FC2ブログ


結果:『やめたら負けた気がするから』

Category: ゲーム  

どもども秀策ですよ~






またもや学校から更新中です  部員に集合かけといたのに、依然として誰も来ないのはどういうことでしょうか?  まぁ私は困ったりしないんで別にいいんですが  いややっぱりよくないです、私だって早く家に帰りたいですし
まぁそんなわけで?  部員を待ってるこの暇な間にブログでも書いてやろうって話ですよ  書いてて問題ないことは前回の記事で説明してるのでもうしなくていいですよね



さてさて、最近思うんですが、このブログの文字数が減ってきたような気がするんですよね

それが何故なのか考えてみたところ、第一にネタがないということです  以前は学校であったことをウダウダと話していたり、ふと見つけたことを載せたりと、見るものがすべて新鮮に見えていたから出来てたんだと思います
でも最近は、それが当然のことのように感じてきて、そこにあるものについて考えなくなってきたんだと思います  考えはするけどここに載せるには至らない物だったりと、まぁ要約すると載せるネタがないわけですね
第二に、やる気がなくなってきたということ  続いてることを考えるとまだやる気はあるみたいなんですが、以前のように奮闘はしてないと思います

それをどう改善するべきかを考えてみたんですが、ネタはどうにかなるにしても気持ち問題は簡単には直らないようです  そもそも何でこんなに更新率を上げたかの理由を忘れたので、ちょっと家に帰る間に考えてみます




ハイただいま  帰宅するための所要時間50分とかマジないです  新快速に乗れればよかったんですが、残念ながら新快速は見当たりませんでした

さて、何で更新率を上げたかでしたよね  思い出しましたよ、確か周りのみんなの更新率が悪かったから、それにつられて自分の更新率を下げるのは気にくわなかったって理由だったと思います
そういえばそうでしたね  周りの環境に適応したいとは思っても、周りと同じ考え方はしたくなかったんですよ、私は


私には秀でた事がほとんどと言っていいほどありません  このブログで絵をうpしたり小説書いたりして、スゴいと言われたことはありますが、やっぱりそれは秀でてるという意味ではないのです
練習しても模写しか出来なくて劣等感を感じるなんて、絵を描くたびに感じてますし、小説を書いていてもこれが上手く書けてるかと考えると、どうしてもそうは思えません
そりゃ書いてない人と比べたら秀でてると言われて当然です  ぶっちゃけ経験者と初心者の違いになるんですから  しかし、みんながみんな書いていたとすればどうでしょうか  その中で秀でてると言われるのでしょうか?  書いてすらいない人が他人の作品を見て、自分より上手いだなんて本当に言えるのでしょうか?

そんな、これが自分だ!と言い切れるものを持ってない私は、どうしても普遍的・一般的と言われてしまうのです  趣味からすれば普通の人ではないと周りから言われますが、能力的にはどこを取っても『普通』であるのです  私の大っ嫌いな普通です

それから脱するには、普通とは違うことをする必要があって、それが些細な事でも小さなことでも、普通ではないことを幾つも選び続けていけば、積み重なったそれは普通ではないという考えに至りました
そうなってからは周りと違うことをするように努めて、普通にしていれば意識しないようなことを見るように心掛けて  いつしかそんな奴になっていたんでした


つまり、今その気持ちを忘れてきている、ということです  そうなれば私は『普通』の枠に入る事になってしまいますね  そう考えると、またやる気が出てきました  これで何とか続けることが出来そうです




自分で問題を提示して、自己解決するという何という無駄行為  
まぁでもこれで行数は潰れた!  私の作戦通りですね  こうならなかったらどうしようかとも思いましたが、何とかやる気も出ましたし万事OKです




さて、そろそろTS行きましょーかー


前回はボス陣が携帯を持ってた事実に驚いて終わりましたね

そんな持たなくてもいい文明の力を使わないツタンが、他のボス達と連絡を取る方法はなんと手紙だそうです  誰が送ってるのかメチャクチャ気になります
その手紙の内容を律儀に読むオディニア、手紙を全部集めてツタンの目の前で燃やしたカラン、何も喋らないマスモンと伯爵  カランはあんなに海底から出るのを渋っていたのに、ツタンの目の前で手紙を燃やしに行きはするようです  わけが分かりません







1128.jpg







やっぱツタンは文明の力を取り入れろ
一日30通も手紙を送るってもはや資源の無駄な気がしてなりません  にしても引き篭りのカランの元までどうやって手紙が届いてるんでしょうか?  伝書鳩だとすると、有能な伝書鳩ですよね  海底の更に奥まで飛んで行くんですから
手紙を燃やしたカランに対して、オディニアが怒鳴りつけます  内容はどんなのだか忘れましたけど、そんな事をするなんて酷いだとかなんとか  まぁ傍から見ればツタンの味方をしてるように見えるんですが







1129.jpg








まさかのミミズに謝れでした  人を人形に変えるような奴が何をぬかしてやがるんだと思いたくなります  カランに謝らせる前に、お前は庭のモンスター達の呪いを解いて謝罪するべきです

そんなツタンとカランとオディニアの漫才を聞いた後、会話にまったく参加していなかった伯爵の体調がおかしい事に気が付きます







1130.jpg











1131.jpg







目が死んでいるって言ってますけど、伯爵って吸血鬼じゃありませんでしたっけ?  吸血鬼って生きてるという表現で合ってるんでしょうか?  学校をd(ryでは、死んでいるけど生きている状態の輩が吸血鬼になってたりしたので、私の中での吸血鬼の概念が固定されてなかったりします
とりあえずクエ品を集めて持ってくると、伯爵がお礼をくれます







1132.jpg








『ちょ…ちょっと待って!気持ちの整理を…』

その反応はねーよ




今日はコレだけ~  土曜は出かけるため、BARミラ子も行けませんしブログもお休みですのでその辺よろしく
おまけ↓







1133.jpg








『しくしく!』ってホントに泣いてるんでしょうか?  そのオノマトペ(擬声語)に感嘆符は合わないでしょ、絶対  まぁ気が強いのはちゃんと伝わってきますけど……



んでは~

ノシシ☆ミ
スポンサーサイト




 2010_05_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P