FC2ブログ


もっと学ぶことはあっただろうに

Category: 雑記  

どもども秀策@ユキナですよー






京都2日目  と見せかけて初日夜  懇親会の後に飲み会をしようぜと別の大学の方が意気込んでいましたが、雨のせいで私たちの大学はパスする事に
飲み会をパスした私たちは、ホテルの近くにあったガストで飯を食べようという事になりました  さっき懇親会で食べたところなのに  まぁ先輩方が行きたいと申すのであればついて行きますが
雨に降られてしまったという事もあり、一旦部屋で準備してくることになりました  流石に全身びしょぬれ状態で店に入るのはマズイですしね

ホテルのチェックインを済ませ、部屋に乗りこみます  テレビと照明、ベッドと鏡があるぐらいの普通の部屋でした  ホテルの写真を撮るのは忘れてました  元よりそんなことしない人ですし
濡れた服をシャワーで更に濡らし、絞ったあとにドライヤーを軽くかけてからハンガーに吊るします  どうせ次の日には着替えるので意味はないのですが、そのまま吊るすのは個人的に嫌だったというだけの話
服のついでに風呂に入って体を洗います  ホテルで体洗う時にいつも悩むんですが、タオルにボディソープ付けてもいいんですかね?  結局泡立ててから手で洗うのですが、慣れないのでどーも落ち着きません

風呂から上がってコンタクトを外し、メガネを装着します  持ってて良かったメガネ  やはり使い勝手はメガネの方が上だと思います
テレビでも付けて何か見ようかなと思ったところで先輩がやってきました  一体何事ですかと聞いてみると、東京にあるどっかの大学の人たちが一緒に飯を食べに行かないかと誘ってきたそうで  どうやら懇親会の時に先輩方にやたら絡んでた人たちのようです  まぁ行くというならついて行きますとも
書くのを完全に忘れてましたが、先輩方というのは女性3人です  なので、当然の如く私は一人部屋で先輩方3人は同部屋です  もし4人部屋とかを先生が確保していれば、確実に私は押入れに隔離されてたでしょう


適当に準備を済ませて東京のどっかの大学の方達との集合場所へ向かいます  その大学の方達は男性4人組  恐らく先輩方とお近づきになりたかったんでしょうね  飲み会をパスした大学は他にも結構あったのに、それらをガン無視してウチの大学を誘ったわけですし
集合時間は9時  なのにホテルを出たのは8時55分  集合場所まで歩いて10分はかかるというのに  先輩方の話によると、ちょっとぐらい待たせても平気だとの事  うーん、手慣れている様子
何とか大学の人と合流し適当に居酒屋を探します  やっぱり飯を食いに行くってのは居酒屋の事なのね  まぁ女性と話すのにアルコールがあると良いとかどっかで聞いたことがありますが、疲れている人を居酒屋に連れ込むというのもどうかと思ったり

彼らの目的は先輩方だと勝手に決め付けて、だったら明らかに邪魔でしかない私は隅っこの席に座ってウーロン茶飲みながら枝豆と軟骨唐揚げをひたすら食べ続けてました  初めて食った時は肉の部分が少なくて、何これ微妙とか思ってたんですが、何個か食べてるといつの間にか美味いと思うようになってたんですよね
そんな感じの晩飯でした  先輩方にどうだったかと感想を聞いてみると、「東京の人と親睦深めてももう会わんし、別に・・・」だそうです  淡白すぎて、彼らに同情せざるを得ませんでした

ホテルに帰って、シャワーを浴びて軽くポケモンをします  なんとなくテレビを付けていろいろチャンネルを回していると、working!やってました  アニメ懐かしいなーとか思いながら見て、12時になったので寝ることに  working!の次はぬらりひょんの孫でしたが、特段興味があるわけでもないのでスルー




ようやく京都2日目
とは言っても、やることは初日の続きです  特に語ることもなかったり
一つ新たな知識を得たのが、「学生」と「生徒」という言葉の違いでした  「生徒」というのは受動的に勉強する人の事を指し、「学生」というのは能動的に勉強をする人の事を指すんだそうです  些細な違いですが、重要な違いですね

ウチのグループでの話し合いでは、まず「大学で何がしたいのか」や「大学に来た理由」を全員が話したあと、それに対する意見を言い合う方向へ話を進めました  私は「大学で課外活動をしたくて、現在それに力を入れている」と言い、それに対し「大学は講義を受ける場所であり、それを主眼に置くべきではないのか」とか、「課外活動は大学以外でもしようと思えばできるのではないか」と別の人が主張してきたり  例としてはこんな感じですかね
会議が途中で行き詰ると今度は方向を転換して、「社会人や短大、専門学校との違い」を挙げていく事にします  コチラは少し主旨が変わるのですが、『大学でしか出来ない事』を『大学ですべきこと』として考えて行くことで何か見えるモノがあるんじゃないか、という目的です
そして最後に、「大学で出来ること」を考えてます  何も大学以外で出来るから、大学でしてはいけないということはありません  出来る事からしたい事を考えていく方向で話を進めて行きます


時間が終わり近くになってきたら、今度は発表に向けての準備をします  要するに作業モードです  コチラは話し合った内容を、どれだけ分かりやすく、どれだけ理解しやすく伝えるかが重要になります  ちょっとぐらいふざけてもOKだそうな
普通にやっても普通だとしか思われない  ありきたりなものだと印象に残らない  しかし、当然の事でも印象的であれば、明確的な相違点があれば、聞き手をひきつける事は出来る  そんな考えを基に、発表への準備を進めて行きます

発表の結果とか、自分のグループの発表とかは省略  書くのが面倒なのもあるけれど、特に面白くもないでしょうし  まぁここまでも十分面白くなかったとは思いますが
テーマ別発表を行い、投票を行います  一番になったグループは全体発表でもう一度発表  全体発表では代表発表グループに対して5分間の質問タイムつきです  まぁ結局は詳しく覚えてないんですけどね




最後にエンディングを行い、FDサミットはこれにて終了です  
ホテルに戻り、先輩達とお土産を買ってから帰宅しました

今回いろいろ学んだ事は多かったのですが、その中でも最も実用的なものは



先輩に気を使い過ぎると逆に気負わせてしまうので良くない


でした  皆さんも気を使うのであればほどほどにするか、気付かれない程の気遣いにしましょう!



んでは~


ノシシ☆ミ
スポンサーサイト




 2011_09_06

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P