FC2ブログ


BP溜めるのが激しく面倒

Category: 雑記  

どもども秀策@ユキナですよー






PGLのゆめしまにて古びた館が実装されましたね  何やら夢ヤミラミやらバルビートやらイルミーゼやらが解禁されました  ランダムではしばらくバトンパが流行るんじゃないでしょうかね
私が古びた館で手に入れた♀ポケといえば、ミカルゲ(すりぬけ)・ソーナンス(テレパシー?)・ケーシィ(マジックミラー)の三匹です  ケーシィだけ当たりですね  ケーシィより夢ヤミラミの方が欲しいですけど  当たりが出ただけマシか


さて、コメントにて「ミカルゲは結局不採用なのか」とか「RPG作っちゃいなよ、ユー」とか「ファイヤーさんは使われない子」というコメントを頂きましたし、一つ一つコメ返することにしましょうか

ミカルゲは不採用というより、ムウマにわるだくみを遺伝させるためだけに欲しかったんですよね  だからHGSSで欲しいとか言ってたわけです  採用する気は元から皆無でした((
RPGはストーリーとか考える時点で挫折しそうだからパスしたいところ  というか、私は単調作業が得意だとつい最近気付かされました
みねうちは用意してないけど、過去に数十回とプレイした分だけRSEにマスターボールがあったからそれを持ってきて厳選中  実践レベルで使われてなくてもいい、ファイヤーさんにゴッドバードを使わせたいんだ!!


こんな感じですかね





ここまで2週間ぐらい前に書きました  それからずっと放置!  何でかって?書く気が起きなかったからさ

3週間ぐらい空いたかな?  書かない間にいろいろありましたとも
例えば殿堂入り後にカントー制覇して伝説三鳥厳選しに行ったら、両刀ファイヤーが欲しかったのにまさかの特殊ファイヤー採用個体が出ちゃったとか、捨てるのが惜しかったからレポート書いちゃったとか、そのせいでもう一周初めからやり直して殿堂入りしてきただとか  そして対して欲しいわけでもなかった素晴らしいフリーザーが手に入ったり
久々にTSにinしたらギルメンがいたり、その人に色違いポニータとかオノノクス欲しいとかつぶやいたらまさかの交換してくれたりとか、とある実況者さんの生放送にてポケモン配布があったので、なんとなく欲しいと言ったらまさかの1/28の確率に当選しちゃっただとか
この前の三連休には大阪にボランティアしに行ってきたとか、その連休にまさかのオフ会をやっていたらしく後に知って激しく悔んだりとか  他にもいろいろ


まぁ最近は大体ポケモンして一日が終わる感じですけどね
今はラルトス厳選するためにハートゴールドをやってます  しかしこれがまたバトルポイント(BP)を溜めてパワー道具各種を揃えるところから始めなきゃいけないというね……  誰か代わりにやってください((





さて、ここまでウダウダと書いてきましたが、今回は久々につぶやき回です  最近思考停止気味だったので丁度いい感じじゃないですかね


自転車で最寄り駅から自動車教習所へ向かう道中にですね、新しく出来た病院があるんですよ  その病院の庭先というべきか、ベンチしかない公園らしき場所がありましてですね  新しく出来た病院故に当然その公園(?)も出来たばかりで綺麗に整備されています  私はその公園(?)をぼんやりと眺めて、特に何をするわけでもなくそのまま教習所へと向かいます

そして別の日  というか先週の土曜日  ボランティア活動で大阪へと向かうために電車に乗ってる時のことです  窓越しに見える景色は綺麗な小麦色の小麦畑  そりゃ小麦色ですよね


私はこの2つの景色を見て、「自然」は何なんだろうかと思ったのです


この一言だけを聞いただけだと、「一体コイツは何を言ってるんだ? どっちの方が『自然』なのかと言ってるなら後者に決まってるだろjk」と思うでしょう
確かに「自然」という言葉が当てはまるのがどちらかと問われれば、私も後者と答えます  ですが、私の疑問はこれとは少し違うのです


最近というか近頃というか  私が生きてきたおよそ18年間、「自然」という言葉を多々耳にしてきました  それはテレビであれ雑誌であれマンガであれ教科書であれパンフレットであれ、様々な場所で目にして耳にして生きてきました  特に「自然」という言葉が使われるのは、環境問題関連の話になりますね
「自然」という言葉は、どういうわけかキレイなイメージが人の脳にはあるらしく、それこそ公園を形作るうえでのコンセプトが「自然できれいな」になったりします  というか現在はそれが主流であるかの如く、バカの一つ覚えの様に自然がどうこう言うわけです  そして芝生や木をふんだんに植えた公園を作るのです

まぁ自然でも綺麗でも、そんなことはどーでもいいですし何だっていいんです  私が気になっているのは、その「自然」がコンセプトとなっているうえで作られた場所や空間が、どれほど自然であるのかが気になっているのです


「自然」という言葉は先にも言った通り、綺麗なイメージがあるらしいじゃないですか  故に「自然」をコンセプトにしたり売りにしたりすることで、人々が好印象を持つのは商法的にも有用である事は理解できます
ですが、実際に「自然」をコンセプトにしているであろう場所や空間が、”人の手によって作られたものであり、且つ人が整備している”のは揺るぎない事実でしょう

仮に整備しないとすれば、そこがどう扱われようと、今の環境では汚くなるのが必然です  そうなれば人が抱く「自然」という綺麗なイメージとは異なってしまうため、「自然」と認識されなくなってしまいます
そうならないためにも整備をして、綺麗な「自然」を作り上げようとするわけですが、人の手が加わった時点でそれは自然ではないのではないかという疑問も、同時に生まれてくるわけですね


つまり「自然」をコンセプトにした人工的な空間は「自然」に成り得ないだろう  と言いたいわけです  まぁ誰だって考えるようなことです

次に思い出してほしいのが、綺麗な小麦色の小麦畑のことです


『「自然」をコンセプトにした公園』と『小麦畑』のどちらがより「自然」であると思いますか?


私は先にも言ったように、後者の『小麦畑』の方がより「自然」という言葉がしっくりくると思います  恐らくほとんどの方がそうでしょう  まぁ『「自然」をコンセプトにした公園』と答える人もいるかもしれませんが……まぁそれはどうでもいいです  今回は『小麦畑』がより「自然」であるということを前提に話を進めて行きます

『小麦畑』の方がより「自然」である  では、何故?

そう問われると、若干返答に窮するのではないでしょうか?  私も何故かと問われると、そういうイメージがあるからとしか言えません  中には明確な理由を述べれる方もいると思いますが、それが思いつけない私には考えようがありません
私も答える事の出来ない、小麦畑の方が自然であるという理由  これが何故答えられないのだろうかと考え、とある結論に至りました


そもそもの話、元の問いである『どちらがより「自然」であるか』という疑問に対して、前者と後者に実質的な差異は存在しないのです  つまりは、どちらがより「自然」であるかを比較できる要素がないのです


ちょっと待て、比較できる要素がないはずがない  そう思う人も多くいると思います  しかし無いはずがないのであれば答えれるはずです  答えられないという事は比較できる要素がないという事になります
例えば私が思いついた比較要素は、前者は意図的に作られたものであり後者は「自然」を意図せず必要であるから作ったという点です  しかし、「自然」という言葉の意味は

1.人為が加わっていない、あるがままの状態、現象
2.1の意味より、山、川、海など。人工物の少ない環境。自然環境。
3.1の意味より、人間を除く自然物および生物全般
4.1の意味より、ヒトも含めた[1]天地・宇宙の万物
5.人災に対置した天災、あるいは人工造成物に対置した天然造成物を考えた場合の、それらを引き起こす主体
6.意識(意図)しない行動
7.不思議さ、不可解さを含むと思われる可能性がない事

                 (引用:wikiペディア)

であり、「自然」を構成するにあたって意図的であるかどうかは一切関係ないのです  『6.意図しない行動』という意味もありますが、これが当てはまるのは小麦畑を作った人の行動そのものにあり、『小麦畑』が人工的に作られたものである事に変わりはありません


公園も小麦畑も、どちらも人工的な空間で、人の為の空間で、人が手を加えている空間であるのです



さて、どちらも人工的な空間であると言い切ったわけですが、だから何なんだという話ですよね

『「自然」をコンセプトにした公園』と『小麦畑』は、どちらがより「自然」であるかという疑問に対し、多くの人は『小麦畑』と答えるでしょう  しかしその両者に実質的な差異はない
ならば、何故『小麦畑』の方がより「自然」であるという答えに至ったのでしょうか?
答えは明白、そういうイメージが人の中にあるからです  より具体的に言うのであれば、『小麦畑』が「自然」という言葉の意味の1と2に当てはまっているように見えるからです  そのようなイメージを人が持っているからそう思うのです


しかし、私は思うのです  「自然」とは何なのだろうかと

私たちが自然に抱くイメージと、実際の自然とは遠くかけ離れたものなんじゃないかと


私たちは荒廃している場所を汚いと認識します  放置された荒れ地を『荒れ地』と認識します
しかし、そういった場所こそが本来「自然」と呼ばれるべき場所なのじゃないだろうかと思うのです  実際「自然」という言葉の意味の1に当てはまりますし
自然といえば綺麗なイメージがありますが、それは綺麗な花や木や谷や空や海といった、本当の意味で「自然」というべき場所・物の『景色』の事なのではないかと  綺麗な「自然」の景色を、「自然」と間違えて認識しているのではないかと

広大な景色や壮大な風景、綺麗な植物などというのは、総じて好印象であるが故にピックアップされやすいです  そしてそれを『素晴らしき自然の景色』なんていう題目で採り上げるものだから、人々は「自然」は綺麗なものだと認識します  こうして偏った認識を抱いてしまうのではないでしょうか




人の言う「自然」とは、本当に人が定義した意味での「自然」であるんでしょうか?


そんな「自然」に対する人の認識に対しての疑問でした






今日はコレだけ~



んでは~


ノシシ☆ミ
スポンサーサイト




 2011_10_14

Comments

 

そもそもwikiですら自然には7つも定義があるじゃないか。
一般的に公園とかの「自然が多い」は
≒緑が多いってこといってんじゃないかな。
緑=植物←特に目立つのは樹木 って感じ。
そこに「自然物か人工物か」は関与してないんだと思う。
人が作ったものだろうがなんだろうが、
公園的には「緑が自然」なんだよきっと。

大体突き詰めて言ったらそもそも人間自体
自然の一つじゃないか。
明確な天敵のいない人間が自分たちの都合のいい用に
環境破壊をし続けているのだって
「地球の自然」だよ。
人が作ったものが人工物だっていっても
人間が生まれたのは生物の進化による天然物だし。
その人間が作ったものが自然の一部じゃないというのも
おかしな話だと個人的には思うけどね。
冠崎遙菜  URL   2011-10-15 21:33  

 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P