FC2ブログ


秋の大四辺形ってあんまり目立たなくね?

Category: 雑記  

思ったことを口にするのは意外と簡単で



けれど口にした言葉は決して無くならなくって





どもども秀策@ユキナですよー




毎度毎度同じ挨拶から始めるわけですけど、挨拶無しで思わせぶりな台詞を並べるのも人の目を引き付けるにはなかなか効果的だということに気が付いたりしちゃったり
でもやっぱり挨拶がないとウチのブログっぽくない気がしたりしなかったり




さてね、挨拶差し置いて書いた2行は一体何なんだって話ですよね  たまにというか頻繁にというか、結構意味のないことをベラベラ喋ってることがあるので今回もそうなんじゃないかと思う人もいるでしょうが、ちゃんと意味はありますともよ



先週の金曜日  私は普通に学校に行って普通に授業を受け、普通に休み時間を過ごしておりました
大学での私はどんな奴かと言うと、比較的よく喋る奴からは「初々しい子」だったり、私が最近よく話すグループの奴からは「変な奴」だったり、妄想力の高い変態からは「俺の同族」だったり、あんまり喋らないけど仲が悪いわけでもない奴からは「ポケモンマスター」だったり、仲の良い先輩からは「便利な良い子」だったり、ニコ厨の先輩からは「気楽に生きてる子」とか、まぁいろいろいわれてます  とりあえず「変な奴」以外は訂正を加えさせて頂きたい

んで、その彼ら全員から「多少どころか結構酷い事言っても大丈夫なヤツ」と共通して思われていたりします

このブログを開設当時から見てくださってる方々は、高校時代のイタい記事とかで知ってると思いますが、私中学時代苛められておりました  今思えばそんな大したもんじゃないと思いますが、人として低く見られたり扱いが酷かったりはしましたね
そんな中学時代を過ごしたせいなのか、元々の性格からかなのかは分かりませんが、大概何言われても笑ってます  馬鹿にされても貶されても虚仮にされても、私の機嫌が悪くなければ受け流したり開き直ったり、あわよくばネタに使います


その日も貶し貶されながら過ごしていて  話の最中に一人の女子から貶されて


瞬間、頭の中を過ぎったのは「コイツウザいな」という、ただそれだけの言葉で


気付けばその台詞を、真顔で本人指差しながら面と向かって言ってしまっていて


後悔というのはしてから気付くものだと改めて認識しました

以前からその女子は言う事がキツく、今までもそれなりに罵倒されてたのですが、何故かその日だけは我慢できませんでした  まぁウザいと言っただけで済んだと考えればまだマシですが・・・・・
ウザいと告げた直後、その女子は目を丸くして驚いた顔をして、私から目を逸らしました  そりゃそうですよね、今まで何言っても大丈夫だったのに突然ウザいと言われたんですから  言った私ですら驚いてんですから

その女子とは、その日はそれ以降話しませんでしたが、翌週の月曜からはまたいつも通りに話してます



自分が相手に言った言葉は全ての人が忘れない限りなくなることはありません  例え何を言われたのだとしても、私がウザいと本人に言った事は揺るぎない事実で  申し訳なく思っているのに、今さら謝る事もできなくて





話は変わって、星の話


ここ最近一気に気温が下がって結構厚着しとかないと夜はかなり寒いです  家でも現在コタツが大活躍です

冬になると何が変わるのかというと、気温が変わるに加えて夜が長くなります  そして空気が澄みます  そのおかげで冬の夜空は星が良く見えるのです
一ヶ月ほど前から、ひときわ大きく輝く星があったのが気になっていたので、昨日辞典持って天体観望してきました

その星の名前は、うお座のα星であるアルレシャ  TSプレイヤーなら一度は耳にした事があるでしょう

一応判別出来はしたのですが、何とも納得いかない事が一つありましてね
アルレシャってそんなに明るい星じゃないんですよ  辞典でも小さめにしか書かれてませんし  近くの明るい星と勘違いしたんじゃないかと思い、近くの明るい星を調べてみるとくじら座のα星であるメンカルがありました  確かにこっちの方がそれっぽいです
ですが、オリオン座のペテルギウス・ぎょしゃ座のカペラ・おうし座のアルデバランで作る三角形の位置、アルデバランから同じおうし座の星であるすばるへのほぼ一直線上にあるアンドロメダ座のアルマクに加え、アルマクと共にアンドロメダ座を構成する星の一つであるミラクと、おひつじ座のハマルとシェラタンとの角度を考えると、どう見てもアルレシャなんですよね

まぁ実際どうこう言っても実際に見てみないと他の人からすれば何言ってんだコイツ状態なんですが・・・・・



せっかくなのでアルレシャを含む星座であるうお座の物語でも


ある日のこと、神々はナイル川のほとりで宴会を開きました。  音楽の神であるアポロンの竪琴や音楽の女神ミューズの踊り、野山の神パーンの笛などで宴会が大いに盛り上がった時、怪物テュフォンが現れたのです。天に届くほどの高い背、太陽を覆い隠してしまうほどの翼、大蛇の下半身に、100本の蛇の頭と不気味な顔。あまりにも不気味な姿に、神々は我先にと逃げ出しました。
その時、愛と美の神アフロディーテとその息子エロスは魚の姿に変身し、ナイル川に飛び込んで逃げました。その際にはぐれてしまわないように、しっかりと体をリボンで結び合っていました。
後に大神ゼウスが彼らのその姿を面白がって、星座へと上げたのです。



こんな物語です  大神ゼウスさりげなく酷いですね

ちなみに、実はやぎ座もこの物語から星座になったと言われてます  というか、多分こっちの方がインパクト大きいです  何せ、野山の神パーンが同じく魚になって逃げようとして、あまりに慌てていたせいで下半身だけ魚になってしまったんですから
んで、またもや大神ゼウスさんがその姿を面白がって星座にしたわけです  やりたい放題ですね

愛と美の神アフロディーネと愛の神エロスの出てくる神話はもう一つあり、美の神であるアフロディーネより美しいと評判のプシュケーとエロスの恋の物語です  気になった方は是非調べてみてください



星や星座に関する神話ってのは調べてみると割と面白かったりします  まぁ神話には興味がなくても、きれいだと思って眺めるだけでなく、星座や固有名を調べてみるのもまた一興だと思いますよ?



今日はコレだけー



んでは~


ノシシ☆ミ
スポンサーサイト




 2011_11_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

08  « 2019_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P