スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

さんぽのつづき

Category: 雑記  

歩く。



空を見上げる。青い。

雲が流れている。気流に乗って西から東へ。緩やかだけど、確かに流れている。



月が浮かんでいる。上限の月だ。


空に張り付いたように見えるけど。目を凝らせば立体的なのがわかる。

動いていないように見えるけど。実際は高速で回っている。向きが変わらないのは月の自転周期と公転周期が同じだからだ。

ただ浮かんで見えるけど。空に浮いているのではなく、もっと先の、宇宙に浮いている。周りにあるのは青色じゃなくて黒色だ。

今、なんてことなくただただ歩いているけど、実際は秒間約30kmで動いている。

見えない、感じないところで、静かに事は動いている。



自分が感じるこの一瞬は、宇宙のものさしで図ると一瞬ですらないのだろう。



宇宙カレンダーというものがある。

宇宙の歴史を365日に圧縮したら、一秒は約400年程度だそうだ。関ヶ原の戦いは、12月31日が終わり、新たな年が始まるまさに1秒前というわけだ。

自分の感じる1秒とは、宇宙カレンダーでいう1秒の、1/400のさらに1/365の、1/24の1/60の1/60ということらしい。


そんな一瞬を生きているはずなのに、一日は長いし、一か月はもっと長い。一秒は一瞬のはずなのに。


広大という事はひいては些細であるともいえる。極小はとてつもなく壮大なことでもある。



二面性。表があれば裏もある。


よくメディアやネットでも裏を返せばって聞くけれど。表と裏だけじゃなくて、側面もあるから聞いても納得できないんだなと感じたり。

簡潔で完結的であることが求められるけど。複雑で永続的なのが感情だから、説得されても納得なんて

出来ないんだろう。



頭の中がごちゃごちゃしてきたからそろそろ引き返そう。




スポンサーサイト

 2016_05_14

Comments


 管理者にだけ表示を許可する
<<帰路 | BLOG TOP |  久々に>>

B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。