FC2ブログ


近況報告③

Category: 未分類  

 私はこの日を、一生忘れることはないでしょう。

 私は変わらず、店で客引きの仕事をしていました。  すると、近くから、この日にしか聞くことのない言葉が聞こえてきました。

 『トリック オア トリート!』

 そう、今日はハロウィンです。
 小学生低学年ぐらいの子どもたちが、先生の引率のもと、仮装をして、周囲のお店を回っていたのです。  お店側も、おそらくは事前に連絡があったのでしょう。お菓子の準備と、魔女帽を被っている姿が見られました。保護者の方たちも、様子を見るために後ろをついてきていました。

 集団はやがて真向いの店にもやってきました。


 その光景を見て、唖然としました。


 子どもたちの声には抑揚も笑顔もなく。

 教師の顔も固く、盛り上げる雰囲気も見られず。

 ただお菓子がもらえて、先生に言われたからやっている。


 そんな、楽しさの欠片もない、形容のし難い光景がそこにはあったのです。


 私の心の中に、やり場のない怒りと葛藤が溢れ出てきました。

 一年に一度しかない、楽しくて、嬉しいはずのイベントなのに。
 子どもたちにとって、この日一瞬の出来事は、この先一生のモノになるというのに。
 今この場所以外でも、同じような光景がたくさんあるかもしれない。
 
 ありえない。  信じられない。

 私だったらこうするのに。
 こうならないように、こうしたフォローをしておくのに。
 このタイミングで、こんな声をかけるのに。


 私なら、もっと上手くできるのに。


 そして同時に、店長から言われた言葉が頭の中をよぎりました。


 『口にするだけ、思うだけ。そんなことなら誰でもできる。実行してこそ本物だ。』


 それから行動に移すまでは一瞬でした。
 その日の昼休み。もしもの時の為に登録しておいた転職サイト(リクナビNEXT)を開いて、教育関連の会社を探し回ります。
 地域はもはやどこでも構いませんでした。自分の希望に近い募集を出している塾会社を見つけたので、エントリーシートを送ります(ここが、今勤めている会社です)。就活の際に受けに行った塾会社にも電話して、面接の予定を作ります。

 検査入院の結果も構いません。
 どのみち自分の居場所はもうこの会社にはないも同然。心残りはあるけれど、それよりやりたいことができてしまったのですから。
 自分を信じて採用してくれたであろう社長。  どうしようもない私を、およそ2年間指導してくれた店長
 お二人に心の中で謝罪し、11月下旬に面接の日程を数件組み込みます。


 11月の上旬に検査入院。
 翌日に社員旅行。  この時、転職するか悩んでいると同期に相談されます。転職の話は内定をもらえてからにすると決めていたので、その子には会社に残るように勧めました。
 嘘つき。詭弁。そんな言葉が脳裏にこびりつきました。


 11月下旬に面接。
 名古屋→京都の順で、2日連続面接だったのですが、名古屋行きの新幹線の中で、熱が出てる事に気が付きました。

 その翌日に検査結果が出ました。結果は白。
  どのみち、職は追われていたでしょう。たまたま前倒しにして面接に行っていただけだと、自分で自分に免罪符を出して言い訳。


そして12月頭に無事内定通知が届きました。


その後、もう少し続きはあるのですが、そこはまた次に機会があれば話しましょう。

スポンサーサイト




 2017_04_21

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2019_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P