FC2ブログ


前後左右・上下左右はあるのに前後上下がないのは何故だ

Category: 小説&バトン  

どもども、秀策ですよ


今日は午前中にのんびりとバトンを書いて、午後からは久々にCLANNADをやりました。

こんな風に日記みたく書いてると平和だなとしか思えませんが、16歳の夏にそんな悠長なこと言ってられません
宿題が~終わってねぇ~♪

ふぅ………  死ねば楽になれるって本当かな……


そんなブルーな話は後回しと言うか、この際なかったことにして、後になって宿題に苦しむことになりますが、今日のつぶやきはこんなこと


あれですよ、政治関連です  さして難しい話でもないので、詳しくない人も興味のない人もゆっくり見てくれて大丈夫です

さて、最近政権交代がどったらこったらでうんたらかんたらです  実は私も詳しくないのです  思ったことを言うだけなんだ
まぁかじった程度しかわかりませんが、自民党がやたら叩かれて政権交代にまで至ったわけですね  そんで今選挙活動やってんですかね?  なんせニュースでいろいろ騒いでます
で、誰だったか忘れたけど、自民党代表の人が

『今回の自民党は、やります! 本気を出します! 私たちはこの自民党を変えてみせます!』

とか言ってたわけですよ  ま、心意気は普通にいいじゃないですか  別に頑張るのに文句は言いませんとも
でも上の文、これはいろいろとツッコむところだろう

自民党はやります!  うん、やってください
本気を出します!  いや、最初から本気だしなよ
自民党を変えて見せます!  いやいや、自民党じゃなくて国を変えろって!!

簡単に言うとこんな感じでした  わざわざ自民党を変えてから国を変えていかなくても、今のままでいいから国を良い方向に変えたら国民は文句言わねーでしょ!
ただただ、こんなツッコミばっかり出てきました



さて、時間もないしとっととTS行きましょうか


何かビックリしたもの







354.jpg








なんと証が販売可能になってます  露店開いてビックリしましたね

先週の人狼ー






348.jpg






見ての通り、狼でした  結構前に狼がいいなと呟いてたのを覚えててくれたようです
ナイス、美月氏ナイス
まぁ配役の時にカウンターして司会者を撃滅してから1回戦開始  相方はポテs
10人で非アドバン  そんで狼2なところから、これは配役的に狼有利だと思っておりました
部屋割は3-3-2-2  3人部屋でないと噛みづらいです
ちなみに既に1つ目の三人部屋は決定済み  これは怖い





349.jpg





とりあえず役持ちなら安全に噛み殺そうか、そうでなかったらゆっくり噛み殺そうか的な感じで狼2・村側1部屋にならないかなと






350.jpg





ホントに来たよ・。・
けのんは1:1会話を傍受する術でも持ってるんでしょうか?  持ってるなら喰われないようにしなされって話なんですがね

まぁ前文通りけのんを噛んで昼になったんですが、狂人の活動が無し  おま、何だって私らだけが狙われることに((
私は一応牧師CO  けのんが牧師だったので、他に牧師はいないだろう  もしくは、いたとしても非アドバンを理由に牧師2でもおかしくないと言えますからね

ポテsが吊られて夜になる  私はパスで、狂人自殺が1
2日目はその部屋のキルsが吊られますた

2日目夜にパスはないし噛むしかないしというわけでのびs噛み  他に死者なし
3日目にようやく狂人がブロックCOしましたが、時すでに遅し  みんな私に投票するのはほぼ決定事項でしょう

しーかたがな~いので狼CO  一体狂人、何人いるか~♪







351.jpg







全員あげんな・。・
なにこれ怖いって狩られる私のが怖い思いしてます








352.jpg






童謡、じゃなかった、動揺しすぎでコナンとか言い出す始末  結局私吊りで村勝利
私にとっては狂人がマジで狂人でした  村側の狂人  えらい怖さや



今回はこれだけ  追記にバトンを書いたデスヨ  見た人全員持って行きなッ!

おまけ↓






353.jpg







断っても不在なのは変わらない……  現実の厳しさを垣間見た私


んでは~

ノシシ☆ミ
 
キャラと会話形式で進めるバトンです

バトンを回したらその人に知らせる
5日以内に書くこと
そんなこと言ったら書きたくなくなるよね  ついでに拾うか拾わないかは自由
別に指名されてる人以外でも、ネタがなかったら持っていけばいいかなとか思うぜ
私はバトンを拾うと、海に向かって放り投げるんで、拾いたかったら釣りあげればいいかと


回した人はその人がルールを守れているかチェックしてね


■設定は?
指定:Myキャラで



■名前は?

緑   「何ここ?」
真白 「さぁ……?  東先生に行けって言われただけですし」
泉   「まずそこにいる方は関係あるのかしら?」
秀策 「ん?  あぁ関係あるよ?  というか呼び出した張本人だし」
真白 「こんな何もない空き地で何するんですか?」
秀策 「すぐわかるよ  とりあえず自己紹介から……  秀策です」
緑   「………………えっ、それだけ?」
秀策 「そりゃ名前以外名乗る必要ないし」
泉   「とりあえずこの人は何か知ってそうだし、今は言うこと聞いときましょう」
真白 「自己紹介って、名前言うだけでいいんですよね?  柊真白です」
緑   「私は魚住緑」
泉   「高槻泉よ」



■回す人を5人を決めて?

緑   「だから何コレ?  回すって何?」
秀策 「あー  ハイ、カンペ」
真白 「カンペ!?  余計意味がわかりませんよ!?」
泉   「秀策さんでしたっけ?  まず、私たちに何をさせるつもりか教えてくれません?」
秀策 「ん~?  バトンやるのよ、バトン」
緑   「バトンって、リレーとかで使うあのバトン?」
真白 「でもどこにもありませんよ?」
秀策 「何て説明したもんかな………  今から君らが読むのがバトンの代わりだ  で、君らが
     これを読んで、質問が進むのが走る代わりだと思ってくれ」
緑   「よ、余計意味がわからなくなってきた……」
秀策 「魚住さんとやらがわかりやすいように説明すると、君らが4×200mリレーの第2走者
     で、君らが走ってる最中に何度も質問される  その質問に答えるまでその場に止まっ
     てないといけないんだ  質問に答えるとまた先に進めるってーわけだな  トラック1周
     質問に答えたら終了  てな感じかな」
緑   「おぉっ! 成程!」
真白 「要するに質問に答えていけば終わるわけですか」
秀策 「さ、わかったらちゃっちゃとカンペ読むんだ」
緑   「回す5人?  えーとこの部分は……真白ちゃん?」
真白 「あ、そうですね  えーと、『味噌っち・花梨・けのん・鬼先生・スラ』」
緑   「これ名前?  どう見ても名前っぽくないよね」
真白 「花梨って人だけですよね  名前っぽいの」
秀策 「ちなみに花梨って人のあだ名をつけたのが私の知り合いだから  本名『霞凛透』」
真白 「どこからどこまでが苗字!?」
泉   「鬼先生って人、私と気が合いそうな気がするわ」
緑   「ストーップ!  それ以上は言わなくていいですよ!」


真白 「でも質問に答えるのにカンペっておかしくないですか!?」
秀策 「ホントは君ら以外の奴が答えるはずだったんだが、腹痛が痛いらしくて無理だとか」
緑   「仮病だってことは間違いなさそうだね」
秀策 「何にせよドタキャンされたんで、知り合いの東先生に頼んで君らを呼んでもらったんだ」
泉   「そういえばユキ君やキクちゃんや遠見君は呼ばれてないわね」
秀策 「うん、あえて呼ばなかった」
緑   「何で?」
秀策 「あいつらがいると私の存在理由がちょっと……」
真白 「存在理由!?」
秀策 「だってさ、あいつら、いつでもどこでも3人でコント始めるからさ……」
泉   「本音は?」
秀策 「本編で影が薄い君たちの出番を少しでも増やしてやろうかと」


緑&泉&真白 『余計なお世話よ!!!』



■5人とは何で知り合った?

真白 「知り合ったも何も、私たち見たことすらないんですけど……」
緑   「ほら!  このカンペを書いた人が知り合ったってこと忘れちゃ駄目だって!」
真白 「そうなんですけど……  質問が私たちに向いてるようにしか見えなくて」
秀策 「あ、そのカンペ書いたの私」
緑   「本人が書いたんじゃないんだ!?」
秀策 「そりゃ会話形式で進めるバトンだしさ、奴らが何て言うかなんてわかるわけないじゃん」
緑   「そりゃまぁそうだけどさ……」
秀策 「ちなみに、君らが代弁する人の名前は最後のページに書いてあるよ」
泉   「最後のページも何も、A4用紙の横書きなのだけど」
秀策 「気にスンナヤ」
緑   「えーと、『柊真白:霧雨魔理沙役』『魚住緑:光明寺茉衣子役』『高槻泉:宮野秀策役』」
真白 「最後のおかしくないですか!?  秀策さんいるじゃないですか!」
秀策 「いやー、一人二役はちょっとね」
真白 「ちょっとね、じゃないですよ!  何で自分の役を他人に任せるんですか!」
緑   「そもそも二役もないじゃんか!」
秀策 「おいおい、ちゃんと最後まで見なさいよ」
泉   「………『宮野秀策:中の人役』」
真白 「中の人!?」
秀策 「な、ちゃんと役あるでしょ?」
緑   「中の人って誰なの!?」
秀策 「そりゃ中の人がいないと私ら喋れねーじゃん?」
真白 「意味がわかりません!」


*****5分後*****


秀策 「ほら、もう疲れたでしょ  先進むぞ」
緑   「もう……どーでもよくなってきたよ、私」
秀策 「にしても泉先輩とやら、さっきから何も言わないのな」
泉   「ええ  私は基本的に聞き手だから」
真白 「基本的にって台詞が引っかかるんですけど……」
泉   「弄られてる女の子を見て楽しむのが趣味だから」
緑   「嫌な趣味!」
泉   「それに、このカンペ通りにやるかやらないかは、私の意志で決めることだからね」
秀策 「なるほどね  仕方がない、泉先輩には別の役を与えよう」
泉   「先輩ってつけるのやめてくれないかしら?  あなたに言われるのには抵抗があるわ」
秀策 「冷たいねぇ  んじゃ泉には中の人役を―――――」
泉   「拒否させていただきます」
秀策 「そうですか  じゃあキャラは無視していいからカンペに書いてあるのには従ってくれ」
泉   「了解」


緑   「で?  何て質問だったっけ?」
真白 「5人とは何で知り合ったかですよ」
秀策 「そこは私からかな  あー、味噌っちと初めて会ったのはアレだな、私から声かけに行
     ったんだ」
緑   「何で?」
秀策 「一人物憂げに佇む少女がいたらどうする?  私は捕獲する」
緑   「味噌さん逃げて――――!!」
秀策 「フハハハハッ!  今更よ!!」


秀策 「次は花梨だね  花梨とは捕獲した味噌っちのギルドに入って数日後ぐらいに会った」
真白 「あ、案外普通なんですね」
秀策 「実は、最初は花梨のこと苦手だったのよ」
真白 「苦手?  何でですか?」
秀策 「何考えてるかわかんなかったからね」
泉   「それは……過去形かしら?」
秀策 「今は苦手じゃないかな  花梨の建て前ぐらいなら読めるようになったけど」
緑   「読める時点でおかしくない!?」


秀策 「次、けのん  人狼に行ったときに、ルールを懇切丁寧に教えてくれたよ」
緑   「案外普通ですね、この人とも」
秀策 「そりゃけのんを貶すことなんか私にはできない!」
真白 「他の人はいいんですか………」
秀策 「いや、貶さないよ?  弄るだけだよ?」
緑   「充分タチ悪いって!」
秀策 「油断してていいのかな?   次は君らの出番だぞ?」
緑   「うわ!  ホントだ!」


緑   「カンペ通りに読めばいいんだよね? コレ」
秀策 「うん」
緑   「え、えーと、『お、鬼狸さんと会ったのは何時頃でしたでしょうか?  わ、わたくし?が
     知り合いと話していたところにいらっしゃったのは覚えて、お、おり、ます?』
     何この口調!?  喋りづらいんだけど!!」
秀策 「鬼先生に会ったのが誰だったか、覚えてないもんでねぇ  仕方がないから出番の少な
     い茉衣子に言わせることにしてみたんだ」
緑   「いや、口調がおかしくない!?」
秀策 「このキャラの口調がこれなんだよ」
緑   「キャラの口調って時点で意味がわからない!」
秀策 「ほら、某ラノベのキャラの名前をパクってんだけどさ  そいつらの口調をモノマネしたり
     するから、今回もそうしようかと」
緑   「別にしなくていい!」
真白 「あと10行ぐらい続くみたいですけど…… やります?」
緑   「私はしたくないなぁ……」
秀策 「ま、必要なことは言ったし免除してやろう」
泉   「にしても緑ちゃん、ツッコミとか口調とかがキクちゃんに似てきてるわよ」
緑   「ハッ!」


真白 「次は私ですね  えーっと『なんとなくchを開いたら【お花見公園幻の住人達】ってタイト
     ルのがあったから入ったんだ  そしたらスラがぐったりしてたんだ』
     これでいいですか?」
秀策 「くっ!  『だぜ』って言わせたかったのに、『ぜ』で終わらせると何か不自然だったから
     つけれなかったんだ!」
真白 「一人で何言ってるんですか?」
秀策 「流してくれ」



■5人の中で一番最初に知り合ったのは?

泉   「最初に会ったのは味噌っちさんね  出会った順番は紹介したキャラ順よ」
秀策 「あぁっ!  私の台詞が!!」



■5人のいいところを書いてね?

秀策 「ほら、ガンバレー  まだ半分しか終わってないよ~」
緑   「くっ……序盤に飛ばしすぎた感がするね……」
真白 「というか、このバトンに私たち必要ないような気がするんですけど……」
緑   「どういうこと?」
真白 「だって、カンペを書けるってことは、秀策さんが状況を全部把握してるってことですよ?」
秀策 「よく気づいたな!  君らがいる必要は特にない!!」
緑   「言い切った!!」
秀策 「実質私一人で十分だけど、会話形式って条件満たさなきゃいけないし」
緑   「帰っていい?」
秀策 「ダメ」
真白 「こうなったら早くバトンを終わらせちゃいましょう!」
泉   「でも私たちじゃいいところなんてわからないわよ?」
秀策 「フッフッフ………早く進めるも進めないも、私の自由ということさ!」
真白 「あ、でもカンペがあるんですからそこからかいつまんで言えばいいんじゃないですか?」
緑   「なるほど!  流石真白ちゃん!」
秀策 「ちょ、カンペ見るのは反則だろう!」
真白 「じゃあ何のためにカンペ配ったんですか……」
緑   「とっとと行くよ!  『味噌っちさんは弄りやすいところ!  花梨さんは絵のコツを私に
     教えてください!  けのんさんは全部!  鬼先生はナイスな雑談相手!  スラさん
     はぐったりなところ!!』
     って、ロクなこと書いてなくない!?」
秀策 「ザマアミロ!!」



■5人のいいところがイメージできる動物を書いてください?

秀策 「ここはいずみんに言ってもらうとしようか」
泉   「まさか………私のこと?」
秀策 「それ以外に当てはまるい人がいるのか?」
泉   「いえ、あなただけが見える妖精にでも話しかけてるのかと」
真白 「それって相当危なくないですか!?」
泉   「じゃ、適当に言わせてもらおうかしら」
緑   「適当に言うんですか………」
泉   「味噌っちさんは兎  花梨さんは猫  けのんさんは野良犬  鬼先生は鬼……じゃな
     かった、狸  スラさんはナマケモノね」
真白 「あれ、3人目あたりからおかしくなってきたのように見えるの私だけですか?」
泉   「どこかおかしな所あったかしら?」
真白 「何で犬じゃなくて、野良がついたんですか?  それに鬼を訂正してるし」
泉   「そりゃ適当に言ったからよ?」
真白 「ん~……何かおかしいような……」


■5人を色で例えると?

秀策 「いずみん、よろしく」
泉   「また私が言ってもいいのかしら?」
秀策 「今日みんなのこと聞いて、思い浮かんだ色をズバズバと言ってみてくれ」
泉   「わかりました」
真白 「何でさっきから高槻先輩を選ぶんですか?」
秀策 「そりゃ今回一番出番が少ないからさ」
泉   「味噌っちさんは瓶覗」
緑   「早速何色かわからない!」
泉   「花梨さんは菫色」
真白 「あの……わかるように言ってほしいんですけど」
泉   「けのんさんは濃萌黄ね」
真白 「これってまさか和名?」
秀策 「みたいだねぇ  よくわからんけど」
泉   「鬼先生は鶸色かしら」
緑   「漢字で書かれると読めないよね、絶対」
泉   「スラさんは勿忘草色っぽいわね」
秀策 「御苦労さま、何一つわからなかったヨ」

瓶覗(きかめのぞき)菫色(すみれいろ)濃萌黄(こいもえぎ)
  鶸色(ひわいろ)勿忘草色(わすれなぐさいろ)


■その5人と喧嘩したことある?

秀策 「最後の質問なわけだが」
真白 「これが最後の質問ですか……」
緑   「最後ぐらいもっと締めのいい質問にしたらいいのにねぇ」
泉   「きっと作った本人も眠たかったんでしょうね」
真白 「で、これは何て答えればいいんですか?  カンペに何も書いてませんけど」
秀策 「ここだけは、君らが思い浮かんだことを言ってくれたらな、と思ってな」
緑   「いや、思い浮かんだも何も会ったことないって」
泉   「私は一つ言いたいことがあるのだけれど」
真白 「あ、奇遇ですね、私もです」
緑   「私もー」
秀策 「ん? 何かな?」
緑   「せーの」
3人  「お疲れさまでした―――!」

バシッ!!



■指定

秀策 「くっそー…何もシバくことないよなぁ…… とりあえず指定は無し  みんな頑張ってくれ」




ということでバトン終了  
みんながみんな自演キツイというコメをどっかで見た気がするけど、小説は全て自演です
よってあんまり恥ずかしくなかったり  むしろノリノリで書けた希ガス((

とりあえず一つ言えることは、バトンそっちのけじゃねぇか

  
小説の番外編ってことにしよう、そうだそうしよう
スポンサーサイト



 2009_08_22

Comments

No title 

バトンお疲れ様です・w・
流石に小説やってる人が書くと読んでて面白いなぁ・・・
会った頃は・・・うん、何も考えてなかったから(

名前は勿論お菓子の名前からですよ。
「透」は何だか、「ゆき」とか「あき」とかって読めるようです。
本当かは定かじゃないですが。
あれ?結局どこから名前なのかわかんない・・・

バトンやってくれてありがとうございましたー・w・
面白すぐる。
霞凛透  URL   2009-08-22 21:52  

No title 

バトンお疲れ様ですーww

ぜひ泉先輩と対談させてくださ(ry


なるほど、私のイメージキャラクターは鬼ですかそうですか(^ω^



とりあえず、バトンありですw
水月  URL   2009-08-23 11:49  

No title 

|ω・`)チラッ
 
足跡からこんばんわ!
 
皆、しゅーさんくさんしゅーさくさんて言ってるからわかんなかったですごめんなさい(´゚ω゚`)
諏訪さんなんですね!今にも壊れそうな頭に入れときます(`・ω・´)b
ではでは!
ノノ
三菜  URL   2009-08-24 21:25  

 管理者にだけ表示を許可する

09  « 2019_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

秀策@ユキナ

Author:秀策@ユキナ
気が向いたらポチポチ更新
たまに変な事を考えては書いてみたりします

ts_rsg☆yahoo.co.jp ☆→@
個人的に御用がある方はメールでも

バナー

daturyok.gif

ubtk_banner2.jpg

keno200.gif

20100608215811bf3.jpg rest2.gif

untitled.jpg

QRコード

QRコード


B
A
C
K

T
O

T
O
P